イタリアに魅せられて・・・  そして。 


by SOLEO
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Buonissimo!!フィレンツェ!

これを見よ!!
c0032863_2253188.jpg

前菜もパンもデザートもワインもその後の食後酒も全部美味しかったですが、
なんといってもこれはすごいでしょう。
「とれたて白トリュフのクリームソースのパスタ!!」
ざっくざくトリュフがかかってます。パスタにもからまってます。馨しいです!

ふぅ。実はトリュフさえ食べたことあるのか? でしたが、わざわざ缶を持ってきてくれて、
香りをかがせて頂いてしまい、クラッときのこ臭(っていい香りなんですけどね!!)に
やられそうになりました。ほとんど即答で、「それください」って・・・値段も聞かず・・・
そしてこのパスタ、なんとも美味・・・こんなに「鼻の奥」で味わったことはございませんでした。
鼻息の荒い日本人・・・にはなっていなかったと思いますが、もう舞い上がってましたので。
このトラットリアは、ちょっと上品で日本人向けの味だと思います。
実際、日本人の方が働いてらっしゃいますので、日本語OKなんです・・・^^;

ところで、なぜこのお店を選んだかと言いますと、私が絶対的な信頼を寄せているイタリアンの
お店が奈良にあるのですが、そこのシェフがこのトラットリアで働いてらっしゃった所だから。
私がイタリアへ行くという話をすると、おすすめしてくれました。
このいつ行っても大満足のオシャレな奈良のイタリアンについては、またいつか!

お店はアルノ川を渡り、カルミネ地区の via del Leoneにあります。
"Trattoria Pandemonio"
c0032863_22314169.jpg
こんなかんじでひっそりと。
本当は夜メインなお店だそうです。
私は1人でランチをするつもりでお店を覗くと、やってるの??って雰囲気で。
「ぼ、ボンジョルノ・・・」とそろそろドアを開けると、やっぱりやってなさそうな・・・。
でも小柄なシャキシャキしたマンマが「おいで!」って手招きしてくれ、私がここへ来たいきさつを話すととっても喜んでくれて、すごくあったかい気持ちで食事をすることが出来ました。


c0032863_22344719.jpg



パン、食べかけてしまいました。塩ナシパンです。
前菜も塩味がきつすぎず、万人向けかな?
真ん中にあるのはカルチョーフィのマリネ。
全部食べれるとは知らず(笑)残してると、マンマに
それがおいしいのよ、って言われてしまいました。
固かったんだもん。切る時カーン!とかやってしまったんでおいといたのに。苦闘しつつ食べきりました。

c0032863_2235837.jpg
c0032863_22353660.jpg興奮しすぎてブレたわけではございません。
はやる気持ちが表れてしまいました。鶏レバーのクロスティーニです!
c0032863_22355678.jpg

そして〆はやっぱりデザート。おすすめを頂きました。こんなデッカイチーズケーキ、
食べたことないよ!!!もう、幸せだぁぁーーーー

えー、白赤1本ずつでも空けて酔いつぶれて泣き出したんじゃ・・と期待された方、残念でした。
もちろん白ワインをちょうどいい量頂きました。そして食後、違うテーブルで地元の人が
私の大好きな「リモンチェッロ」を頼んで飲んでいたので、もう美味しくてハイに
なっていた私は、瓶を持ったマンマに「私にもください!」と。「エッ」て顔されましたけど。なんで?

そう、雰囲気に酔ったんです。興奮してお酒飲むとまわりますねぇー。あぁ、楽しかった♪
え?お値段?全部で5000円行ってません。(ちょっとサービスしてもらっちゃいました^^)
[PR]
by SOLEO1 | 2005-03-14 23:01 | フィレンツェ*Firenze