イタリアに魅せられて・・・  そして。 


by SOLEO
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

とりあえず、ホテル

ハノイの空港から市街地へ。
車とバイクの交通量にひるみ、クラクションに慄き
ここどこ?な感じの恐れを抱きつつ足早にホテルへ。

c0032863_20133232.jpg

きれい。

c0032863_2014326.jpg
うん、意外にきれい。
c0032863_20142394.jpg
レグザ!
ベトナムっていいテレビが多い。

c0032863_20145720.jpg
すごいきれい。
c0032863_201522100.jpg
広いし、全然いいやん。
c0032863_20171950.jpg
どうせなら、数揃えてほしいけど・・・
ティーバッグ。









でも。

でも、なのです。


この部屋、先客がいた。
しかも、この時は全くわからないのに。。。


寝ようとして、暗くしかけたあたりから。
相方と何か不穏な、何かを感じるようになる。
それは私達がベッドに入る頃には、明らかな恐れと化す。

おやすみ~ と電気を消し、一瞬の しーん という空気の直後。

「ドタバタガタッ」
「ドン ドドドドドド」

みたいな・・・

その音は部屋の周り中から素早く、かなり激しく移動する。


そう、ミッキーとミニーがいた。
彼らの真夜中の運動会の始まりなわけで。


音がするたびに初めは びくっ としていた私達も、部屋の中には入ってこなさそうだし
かなり疲れてるし、明日は早いし と、意外にもすぐ夢の中。


いやあ、これがベトナムか?
[PR]
by SOLEO1 | 2010-05-25 20:40 | 空食ベトナム*Vietnam