イタリアに魅せられて・・・  そして。 


by SOLEO
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

紅葉の立山 〜夕暮れ時の室堂散策〜

c0032863_19204998.jpg

心配していた雨もなんとか持ちこたえ
晴天ではなくても、綺麗に色づいた山は十分見応えあり。
曇り空にまったり、どっしりした雰囲気を感じます。
c0032863_19205127.jpg

c0032863_1920523.jpg

c0032863_192053100.jpg

c0032863_19205594.jpg

ミドリガ池に、ミクリガ池。
風もなく穏やかなので、水面にとても綺麗に山が映り込みます。
c0032863_19205672.jpg

c0032863_19205814.jpg

硫黄の臭いがそこらじゅうに漂う、地獄谷。
綺麗な山々と、蒸気をあげる谷。
不思議な、霊山といわれる空気を感じました。

c0032863_1921011.jpg

c0032863_1921378.jpg

飲んでみると冷た過ぎてびっくりする程の、湧き水。
高地にいるんだなあ、としみじみ。

明日は晴れるといいな、と願いつつ
18時には夕食。
炊きたてのごはんが美味しい!

お風呂も綺麗で、明るければ窓の外の山々を眺めながらお湯に浸かれるそう。

明日の登山に備えて、9時過ぎには就寝。

寝る前に夜空を見上げてみると
雲が晴れて、空いっぱいの星!
私は見れなかったけど、流星も見えたそう。

散歩の時も、夜空を眺める時も
シンとした、機会音のない世界。
その音のない空間が、目に見えるものをもっと美しく映している気がしました。

新月の夜、でした。
[PR]
by SOLEO1 | 2013-10-10 18:48 | 空食にっぽん*Japan