イタリアに魅せられて・・・  そして。 


by SOLEO
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

トリノ・街歩き 【'05 イタリア紀行 ~トリノ】

c0032863_2143718.jpg
c0032863_2152275.jpgc0032863_2155994.jpg
c0032863_2162691.jpgc0032863_2111525.jpg
c0032863_21123595.jpgc0032863_21192767.jpg
c0032863_2120126.jpg

「あっ」と思った瞬間を伝えられればいいなと思うのですが。
ひとつひとつ、説明する暇のないくらい、歩けば立ち止まっていました。
トリノは、とっても滞在時間が短かったのにシャッターをきりたくなる瞬間の多い町でした。






歩きつかれて、(道に迷って)晩ご飯の時間も近づいているというのに
「北イタリアのスイーツ」が食べたくなりました。
歩いていると、いろんなお菓子屋さん、ジェラート屋さんのショーウィンドーからお呼びが。。。
私の大好きな、タルトが多いんです。切りかたも大きいし!
c0032863_21405972.jpg

道も聞かなくてはいけないので、ひとやすみしてチーズのタルトを。
とってもおいしかったです。濃いのですが、もたれる味じゃない。

自分の居場所さえわからなかったので、お店のおにいさんに道を聞いて、ホテルへ戻ることに。

理解したはずでしたが、歩き出すと全然わからない。
もう、感覚で帰ることにしました。

でも、そこでふと楽器の音が聞こえてきたんです。
音を頼って建物の前まで。

c0032863_21291620.jpg音楽院でした。
たくさんの楽器の、練習している混ざり合った音。一気に学生時代の気持ちが蘇り、
なんだか胸がつまりました。
卒業してから練習の義務感から逃れたくて離れていた音楽、ピアノ。
イタリアで「音」を聞いて、なぜか泣きそうに
なった理由ははっきりしませんが、
とても良い体験だったと、思います。

c0032863_21424329.jpg
窓の格子がハープの形。

なんか来て良かったな、と思えた瞬間でした。


と、浸ったりもしましたが、また迷って暗くなると困るのでホテルの方へ急ぐことにしました。
どこかのお惣菜屋さんで晩ご飯を買おう!と考えながら。
[PR]
by SOLEO1 | 2006-02-26 21:52 | トリノ*Trino