イタリアに魅せられて・・・  そして。 


by SOLEO
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

褪せた原色 【'05 イタリア紀行~サンタマルゲリータ・リグレ】

c0032863_2030818.jpg


c0032863_20311477.jpg

c0032863_20314262.jpg

目に飛び込んでくる濃い色。
赤・黄・緑・etc・・・・でも、どこか 明るい色 というよりはもう少し重厚感のある 濃い 原色。
少し海岸線を北上しただけなのに、こんなに色の使い方が違うものなのか、と
すごくおもしろいと思いました。
チンクエテッレの色は、パステル調の明るい色。褪せているけどそれがいい味を出してる。
ここはどっしりと、くどいほどの重さを感じました。
でも、建物は少し新しい感じが。ちょっと、つくられたような。(好きなんですけどね!)
でも、古さも感じるという不思議な色と建物。

色や建物の違いを見ていてふと、やっぱりチンクエテッレは世界遺産の場所だなと思いました。

生活しやすいように、便利に過ごせるように、という快適さを求める気持ちと
昔のままの姿を残していきたいと思う気持ち。

何か古いものを捨てなければ、新しいものは入らない、といったことを聞きますが
その 踏み切り はすごく大きな決断ですね。
外見は古くても、中身を今風にしている家も多いとか。でも、そこにも無理が出てくるようです。

「住みにくいけど、ここが大好き」という声を聞くたび、何故か羨ましく、恥ずかしくもあり。
だからってどうしようもないんだけど。。。よくわからない微妙な気持ちです。

でも、少し都会に出てくると、やっぱり変わってくる。
その境界線って、どこなんだろうなぁ・・・。
c0032863_20582328.jpg

ここへ来て、「褪せた原色」が好きになりました。
何がいいって、やっぱり 「濃い緑の窓」 ですね!
[PR]
by SOLEO1 | 2006-07-11 21:03 | ポルトフィーノ*Portofino