イタリアに魅せられて・・・  そして。 


by SOLEO
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

歩く楽しさ 【'05イタリア紀行~サンタマルゲリータ・リグレ~ポルトフィーノ】

c0032863_21385897.jpg

ポルトフィーノへは、バスでくねくね道を行けば、けっこう短時間で着くみたいです。
でも、どうしようか迷いながら歩いていると、老夫婦が地元の人に行き方を聞いていて
私も便乗して聞き耳を立てていると、歩きでも行けるとのこと。
その方たちが、どこまで行くつもりだったのかはわかりません・・・
でも、なんとなく「ポルトフィーノ」を指差しているように見えたので。

というわけで、お天気もいいし、ゆっくり海岸沿いを歩いてポルトフィーノを目指しました。

c0032863_21422474.jpg

まず見えてきたのが、
真っ白のホテル!
MIRAMAREです。
多分、高級なホテルなんでしょう・・・色んな国の旗がありました。
青空に、とっても綺麗でした。
いつか泊まってみたいなぁ。

c0032863_21425153.jpg


次に見えてきたのが、
とても風変わりな建物。
色といい、建て方といい、
なんだろうこれは?
c0032863_21432151.jpg

中に入ってみたい・・・
別荘のような感じもします。
家の中も、素敵なんでしょうね。
こんな風に、ぽつんぽつんと
個性的な家が山側にあるんです。
c0032863_21434273.jpg

そしてこれまた、不可思議な
空気を醸し出す家を発見。
なんだかメルヘンチック。
今までに見ない家?で
すごく気になるけど通るだけ。。。

どれも個性的なのに
何故か統一性を感じたり。
不思議ですね。
c0032863_2144326.jpg


そして、歩みをすすめていると、ふと やっぱり歩きはかなりしんどいのでは・・・
という考えがよぎり始めました。後ろを振り返ると、結構町から離れているのに。
先もまだまだ見えてこない。

それに加えて、新しいサンダル。これが一番厄介な問題となりました。
行くも戻るもどっちつかずの感じもするし、しょうがないのでたま~に見える
バス停で、運良くバスに会ったら乗ろう、と決めました。

結論を言うと、とことんタイミングを逃して乗れなかったんですが!

でも、いつも思いますが歩いてるからこそ、見える景色というものがあるので
やっぱりいいなと思います。 歩き用の靴は必須ですけれど。
[PR]
by SOLEO1 | 2006-11-26 21:50 | ポルトフィーノ*Portofino