イタリアに魅せられて・・・  そして。 


by SOLEO
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

朝の市場、そしてトリノへ  【'05イタリア紀行 ~ジェノヴァ】

c0032863_2132750.jpg


c0032863_2145459.jpg
朝ごはんでおなかがいっぱいになってしまい、軽く歩きたくなりました。
チェックアウトの時間まで、もう一度外を歩いてみることに。
昨日寄った、市場へ。そういえば、サッカー場に行こうと思って断念した矢先、
この市場を見つけたんだった・・・と思い出しました。2年経つと忘れるなぁ。

朝の市場、昨日よりもジャガイモが高く積まれています。
午前中からたくさんの人。
飾られていないざわざわした空気が、日常を感じさせます。
ぐるりと一周して、外へ。

さてどうしようか・・・と、ぶらぶらしていると、雑貨屋さんを発見。

c0032863_216112.jpg
決してお洒落っぽい店ではないけれど
掘り出し物がありそうな予感。色んなものが置いてありました。

c0032863_2124169.jpgこのお店で見つけたかわいいキャンドル。
まだ、火は一度も付けてないと思います。

お店を出て、さてどうしようか と。
また迷うと時間が無くなるので、バス券を買う。
でも、この町のバス、どうしても行き先がわかりにくく
歩いた方が良かったかも・・・。


c0032863_2171857.jpg

やっと、ホテルに戻ってきたら、チェックアウトの時間ぎりぎり。
荷物を持って、調べておいた電車の発車時刻が迫っていたのでダッシュで駅へ。
なんで時間はたくさんあったのに、また走ってるんだろう?

***
そして駅へ着いて、券売機でトリノ行きの切符を購入。
ホームへ向かおうと、慌ててエスカレーターに乗りつつパタパタの時刻表を見る・・・
 
「SCIOPERO」 (ショーペロ=ストライキ)

正直、これが噂のショーペロかぁ! なんて感心してしまってました。
たくさんの人が、色んな所で「何時頃動くか」「~へ行くにはどうしたらいいか」と聞くものの
駅の人は「わからない」の一点張り。そりゃそうだろうけど。

なんか拍子抜けしてしまって、駅のファストフードコーナーのような所で休憩。
みんな、気長に、おしゃべりしたり本を読んだり。私は何してたっけなあ?
今、思い出してるとすごく懐かしい。
私のテーブルの横にいた、英語圏の老夫婦の姿とか、売店の活気とか。
自分のコロコロを左足の横につけて何かを飲んでいた、か食べてた自分。
すごく断片的だけれど、じっくり思い出してみると楽しい。

***
多分、3時間くらい経った頃か、パタパタが動き始めたような気がします。
よくわからないけれど、トリノ行きを確かめて電車に乗り込む。

乗ったら乗ったで、ちょっとトンだ感じのカップルと、ずっとしゃべり続けるイマドキっ子の
ような男の子と同席。プリングルスを勧めてくれたのには、びっくりしましたが。
途中からタヌキ寝入り。窓の外をゆっくり眺めてたかった・・・。
トリノへ着いても、町を案内すると言い張るその子から逃げるように駅からホテルへ。
駅に着いたっていう実感をゆっくり味わいたかった!
でもショーペロといい、イマドキイタリアっ子といい、イタリアらしい時間を過ごせたといえば、そうかも。

ホテルを見つけてチェックインするやいなや、町歩き準備。明るい間に色々見たい。
電車では少し怖い思いをしましたが、何故かトリノの町は、わくわくさせる何かがありました。
多分私はここで何かいいものを見つけられる、っていう空気。
この「何か」ってわからないわくわくした感じ。エネルギーが湧いてくる瞬間ですね。
[PR]
by SOLEO1 | 2007-03-01 22:02 | ジェノヴァ*Genova