イタリアに魅せられて・・・  そして。 


by SOLEO
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:空食イタリア*Italy( 3 )

KRUMIRI

c0032863_12553268.jpg

KRUMIRI ROSSI〜クルミリ・ロッシ〜

ここ数年で一番のお土産おやつ。

なんてことない、ザ・シンプル!な味。
ポリポリ感とコゲ感がたまらない。

毎日食べたくなる、そんな味。

これしか作ってない、っていうのも
なんともイタリアらしいなあ。

あー、日本でも買えるけど、高い。
でも、食べたい…

やっぱりイタリア、好き。
[PR]
by SOLEO1 | 2012-11-07 12:37 | 空食イタリア*Italy
      *フィレンツェ郊外のジェラート屋さん兼お菓子屋さんにて*
c0032863_1074256.jpg
            ↑栗、くり    
もう、好きな人にはたまりませんね、この光景!!
私は多分、人が変わると思います。結構私、実は日本では(?)落ち着いて見られます。
が、こういうお店に入ったとたん、もしくは見かけたとたん、ひとまわりは若返ります。
キャホーとか言ってるかもしれません。

c0032863_10201132.jpg
アッシジのお菓子屋さんです。
この挑戦してくるかのような並べ方。
全部食べたい!

この、お洒落というよりなんというか
"盛りだくさん"な感じが大好きです。

 c0032863_10204395.jpg
こちらもアッシジです。
アッシジ、人がいないので写真が
撮りやすかったんです・・・

今じっくり見ると、看板に
"CIOCCOLATERIA"って。
このお店、入らなかったんですが
次回行きます。
ホットチョコレートを飲むため!

余談ですが、なぜ「日本では」なのかといいますと。
[PR]
by SOLEO1 | 2005-02-10 12:38 | 空食イタリア*Italy

栗好き

私は大の栗好きです。
甘栗、栗きんとん、モンブラン、マロングラッセ・・・などなど、栗系の文字や栗らしき色には
目がありません。黄色っぽいのよりも茶色っぽい方がいい、なんて変なこだわりもアリ。

今回の旅では「焼き栗を食べる!」という大きな目的がありました。
そしてその目的は焼き栗をフィレンツェとドイツで、マロングラッセをオルヴィエートで見つけ、
無事果たすことができたのであります。大袈裟ですけど。

お味はというと、少し日本の甘栗ほど甘くはないですが、素朴でおいしかったです。
よく焼けていましたが・・・。初めから切れ目が入っていました。


c0032863_1264071.jpgc0032863_1265582.jpg










*フランクフルトの焼き栗*               *フィレンツェの焼き栗*
c0032863_1241583.jpg

                 *オルヴィエートのマロングラッセ*

未解決の謎が。フィレンツェの焼き栗の袋ですが、2枚くっついてるんです。
片方に栗がはいっていて、もう一枚がのりでくっついてるような。
私は初め、これ2枚くっついてきてるよーとか思っていたのですが、もしや殻入れ??
真相ご存知の方いらっしゃいましたらよろしく・・・。

マロングラッセにまつわる話。
実はこれ、オルヴィエートの駅でばら売りを数個買ったのですが、これがこの日のランチ
というか非常食となりました。
この日はオルヴィエートからローマへ移動する日で、朝食を食べてから街をぶらぶらして
お昼くらいの電車でローマへ向かうはずでした。時間を見計らって駅へ着き、BARで
カプチーノを飲んで、レジ横にあったこのマロングラッセを購入。

しかし、時間になっても電車は来ない。
イタリアの電車はよく遅れると聞いていましたが、これまでは結構きちんと時間通りで、
結構普通やん!と思っていたのですが甘かった。
これが噂の電車の遅れか~と時刻表示をみると、右端のDという欄に「00:30」。
Dって・・・Diretto?いきなり30分遅れるってこれまた大胆・・・とまだ余裕な私。
が、どんどん数字は増えて行き、待合室・構内の人数も増えて行き、表示は「1:40」に。
待合室で隣に座っていたおじさんが「ハァ~またかぁ~」と見て取れるジェスチャーを
したので、私も「1時間40分~~!?」というようなニュアンスのイタリア語(?)を発してみました。するとおじさんは、「多分2時間になるよ・・」と。

とっくにお昼の時間は過ぎておやつの時間に差し掛かった頃、最終的に1時間50分遅れで
電車はやってきました。お昼前から降り出した雨のせいですごく冷え込み、何度も
コロコロをひいてお手洗いへ行く始末。その間に座るところはなくなるし、BARもいっぱい。
で、寒い・ひもじい所にふとマロングラッセを買っていたのを思い出し、即席ランチに!
ホームの石のベンチであま~い栗がなんと美味しく感じたことか・・・。

それにしても、私が見た限りでは誰一人として「なんで遅れてるんだ!」と不満を言ったり、
イライラしている様子を見受けませんでした。
「しょうがないよね~」といった雰囲気が、なんともイタリアなのかと。
ほんと、イライラしても電車が早く来るわけでもなく、自分がしんどくなるだけ。
でも、こればかりはお国柄。近鉄なんかじゃ3分遅れようものなら「大変申し訳ございません」とご丁寧なアナウンスが流れ、10分遅れると延着証明発行。

どちらが良い・悪いというのではなく、国民性の違いをまざまざと感じた一時でした。

******************
ドゥオモの修復期間も国民性??2004年11月のオルヴィエート・ドゥオモの状態です。
もう少し・・・でしょうか?
c0032863_22562842.jpg

[PR]
by SOLEO1 | 2005-01-18 18:50 | 空食イタリア*Italy