イタリアに魅せられて・・・  そして。 


by SOLEO
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:プーリア*Puglia( 7 )

ブリンディシ空港。
着いた時はGiuliaさんを探すことしか頭になかったので
空港内を散策することなく、すぐ出てしまって。

その3日間お世話になったGiuliaさんともお別れし、
出発までゆっくり空港内で過ごすことに。

といっても、ものすごくこじんまりした空港なので
そんなに歩くところはないけれども。
でも、なぜかウキウキする空港でした。
建て替えたのかな?なんだか新しくて、お洒落。
古き良き、というより、今風のシンプルでお洒落な感じ。

c0032863_10143862.jpg
スキンヘッドが格好良く見えるのはなぜだろう。

c0032863_10145332.jpg

c0032863_1015745.jpg

なんていうのかなぁ・・・
やっぱり、間接照明で明るすぎない。
外の光が柔らかく入ってきてる。
明るい方がいいやん、じゃないのがいいなぁと思う。

c0032863_10152674.jpg
このお母さんすてき~。
今見返すと、自分がこういう恰好するかというと、・・・。

c0032863_10154715.jpg
ショーケースもきれい。

c0032863_1016491.jpg

このおじいちゃんも、なんかかわいい。
メガネのフレームが赤なのに、違和感がない。
なんなんだろうねほんとにね。

そして、壁の色使いが好き。

c0032863_10162163.jpg

そして、一番びっくりしたのがこれ。
ワンちゃんがいるんですけど。
明らかに警察犬じゃないし。
空港ってわんこ入ってきていいんだっけ?
c0032863_10163690.jpg

すごくお利口さん。
まぁ、ここ到着ロビーだし、家族だからいいのかな。

そして、これまた椅子の色がいいんだな。
ちゃんと見ると、模様付いてる。
この空港好きだわー。

コーヒーのんだりして、行き交う人々を眺めて。
満ち足りた気持ちで(まるで旅が終わったようだけど・・・)
ほのぼのした時間を過ごせました。

思い出盛りだくさんだけど、忙しいと感じなかったプーリア。
空気がゆったりしてるのかな。
いつかまた、絶対に来たい。
もともと憧れていた地だったけど、やっぱり素晴らしい。
もっともっと時間がほしいなぁ。

さて、このゆったりまったりとはお別れで。
都会、ローマへ戻ります。

c0032863_10165318.jpg

[PR]
by SOLEO1 | 2015-11-24 15:03 | プーリア*Puglia
c0032863_9111724.jpg


c0032863_9114340.jpg




c0032863_854185.jpg


c0032863_854225.jpg


c0032863_8544655.jpg


何もないけど、ある。

白い街を見たくて目指したプーリア。

でも、この景色を見ていたら、
本当に見たかったのはこれだったのかな、と思いました。

何かがあるから、面白いんじゃなくて
何もなくても満たされるのってすごい。

いや、ないんじゃなくて、あふれるほどある。

プーリアのこの、広くて大きくてあたたかな景色。
また見に行きたいな。
[PR]
by SOLEO1 | 2015-08-27 09:13 | プーリア*Puglia
c0032863_15163860.jpg

c0032863_15165161.jpg

Villanovaから、オストゥーニへ。
車から眺める景色は、今までに見た事のない風景。
ずっとずっと、こんもりしたオリーブの木々。
私たちが使っているオリーブオイルの実、こういう風に育っているんだなぁ。

c0032863_1517160.jpg

「OSTUNI」の標識が見える度に、ドキッとして
早く着きたいような、何故か着きたくないような・・・
本当に、オストゥーニに向かっている事が信じられないような。
c0032863_15171591.jpg

Giuliaさんが、「Ostuni!」
と指を差したその先、見慣れた街の形が見えました。
絵葉書で見ていたその街が、近づいていました。

本当に、本当になんというか・・・
ただ、すごい、すごい、と胸がいっぱいになりました。
写真も撮ることなく、近づいてくる街を見つめて
気付けば街の入り口へ。
今、思い出しながら書いていても、泣けてきます。

c0032863_15174754.jpg

旧市街の方へ。
車は細い道を少しずつ上って行きます。
c0032863_15182211.jpg

c0032863_15184190.jpg

「Comune di Ostuni」
・・・って書いてある。
オストゥーニに、来た、のです。

Giuliaさんと待ち合わせの時間と場所を決めて
街へ繰り出します。
c0032863_1518582.jpg

c0032863_15194880.jpg

c0032863_15372584.jpg

もうお昼。
ランチをどこでしようか、街の中でハナを聞かせないと。
その前に、まずは、白い街の中へ。
絵葉書の中へ。

地面も素敵
[PR]
by SOLEO1 | 2014-06-26 18:42 | プーリア*Puglia
c0032863_162473.jpg

c0032863_1625981.jpg

c0032863_1631027.jpg


道端にたくさんの「春」

日本のものと似ているような、見た事ないような。

でも、春の色であることは、一緒。

トカゲもいっぱい。

私が旅で感じたいのは、こういう空気。

車やバイクの音もなくて、
奇声をあげる若者もいなくて
その季節の風と温度が感じられる空気。
時折、カフェから聞こえてくるカチャカチャいう音。
その国の言葉の、おしゃべりの声。

プーリア、既に好きになっていました。
まだ目的地には到達してないけど。


そして、Giuliaさんをお待たせしている場所へ急ぐと
「あっちにバールがあるよ、Andiamo!」という感じで
今回の旅の初バール。
c0032863_16112755.jpg

ここでもだんなはんは、「Te!」と言っているという・・・
Giuliaさんも、なんで!?って言っていました。

で、このバールに置いていたおつまみ、Giuliaさんが食べてみて、と。
そう、プーリアならではの、タラッリ。
これ、気を付けないと・・・という前に、だんなさんが口に入れる。
案の定、ゴフゴフ言ってました。

塩気がきいてて、ポリポリサクサク、すごく美味しいのですが
口の中の水分を持ってかれてモフモフになる。

けど、やっぱり美味しい!

あー、イタリアに、来た!!

さて、さて。

いざ、オストゥーニへ☆

「洗礼のトイレット」
[PR]
by SOLEO1 | 2014-06-19 19:01 | プーリア*Puglia
c0032863_14484468.jpg

お花の咲いている裏道を少し行くと
急に風が強くなり、海の空気。
c0032863_1449046.jpg

走って行きたくなるほど、目の前がブルー!
c0032863_14491170.jpg

そして久しぶりに見た、"エメラルドグリーン"
どうしてこんなにきれいな色ができるんだろう。
c0032863_1451475.jpg

見る場所によって、濃紺とスカイブルー、エメラルドグリーン
色んな色が見え隠れする。

反対側をみれば、湾になっているのでとっても穏やか。
きっと、暑くなったら人がいっぱいになるのかな。
c0032863_14492721.jpg

c0032863_1452538.jpg


c0032863_1452173.jpg

そよ風とは違う、力強い海の風。
今でも押されるその感じが思い出されます。

海岸をドライブしたい、と普通にちらっと見るだけかと思っていたら
どっぷり南イタリアの青い世界に浸かることができて
まだ目的地に着いていないのに、大満足。
でも、ちょっとGiuliaさんを待たせすぎたかな?
白い街へ、戻ります。
c0032863_14531367.jpg

[PR]
by SOLEO1 | 2014-06-17 18:46 | プーリア*Puglia
c0032863_1695115.jpg

Giuliaさんの運転で向かうその先は
オストゥーニとは逆方向、VILLANOVA

「南イタリアの海が見たい」
という私の希望を叶えるため、オストゥーニへ行く前に
海沿いドライブを盛り込んでくださいました。

「Ecco, VILLANOVA!」
しばらく散歩しておいで、と。
シーズンオフだからか、とっても静かな海沿いの街。
波の音と、鳥のさえずりが心地よく、ぐるっとひとまわりすることにしました。

c0032863_16102737.jpg

c0032863_1620578.jpg

c0032863_16202458.jpg

沖にあるボートは・・・そこでいいのか?
c0032863_16241962.jpg

あそこにもはぐれボート。
c0032863_16252649.jpg

ここから先は鍵がかかっていて入れなかったけど
このマークがかわいい。

c0032863_16261897.jpg

木陰に一匹のおかあさんワンちゃん。
とてもおとなしくて、なでなでさせてくれました。
c0032863_1653191.jpg


c0032863_16263681.jpg

振り向くとこっちを見ているワンちゃん。
和む~!

さて、奥に海へ向かう散歩道があるみたい。
大きい波の音が聞こえる方へ。
[PR]
by SOLEO1 | 2014-06-12 18:07 | プーリア*Puglia
c0032863_89541.jpg


今回の旅のメインは、プーリア。
ずっとずっと行きたかったオストゥーニに行くこと。
だんなはんは一切を任せてくれたので、全部私が決めました。

でも、プーリアは調べたり聞いたりしても
やっぱり田舎で交通の便が良くないと。
休みもお金もたくさんあって、時間が限られてなければ
バスや電車の旅もできますが・・・
そして、私のイタリア語も英語もすごく適当。
全部自分だけで、というのはちょっと疲れてしまうだろうなと。

たったの3日間で、移動に時間と労力を使うことなく、
プーリアをたっぷり満喫するには。
結果、問い合わせに素早く、そして親切に対応して下さった
プーリアインカミング」の内山さんにご協力頂くことにしました。
私のたくさんの希望を踏まえて、色々な案やアドバイスを下さいました。
やっぱり在住の方にアドバイス頂くのが一番ですね。

そして、今回は、Giuliaさんという方に3日間ドライバーとしてお願いすることになりました。
オストゥーニよりも前から知っていて
気になっていたマルティーナフランカで宿を取り
そこを拠点に南の白い街を巡る旅。
とっても楽しみなプランが出来上がりました。

残念ながら私達がプーリアへ行っている期間、
内山さんは日本に帰国されていてお会いできませんでしたが
私達の出発直前にもご連絡下さったり、本当にお世話になりました。


ブリンディシ空港に着き、出口を出たら
Giuliaさんが名前の書いたプレートを持って待って下さっているとのこと。

…いました!
とっても優しそうな、快活そうなマンマ。
不安が吹き飛びました。
Giuliaさんはイタリア語しか話されませんでしたが、
たくさんイタリア語…というか単語を口に出来て、楽しかったです。

さて、午前10時。
今日の予定は、海沿いドライブ→
オストゥーニ→チステルニーノ→
マルティーナフランカのエノテカ→ホテル

Andiamo!
[PR]
by SOLEO1 | 2014-06-01 19:38 | プーリア*Puglia