イタリアに魅せられて・・・  そして。 


by SOLEO
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:ローマ*Roma( 7 )

c0032863_14241799.jpg

バスチケットを買って、とりあえずバスに乗ってみる。
c0032863_14345439.jpg

ダンナさん、初めてのガチャン。
c0032863_14245419.jpg

で、バスに乗ったものの、すぐに降りたくなる景色に到着。
イタリア国旗がはためいてる!
c0032863_14251569.jpg

c0032863_14253384.jpg

しばらく、うっとり眺めていました。
イタリアに、来たなぁと。
壮大な広場に、白さに、圧倒されました。

そこから歩いてコロッセオへ。
歩きながら、あのテレビでよく見る円形の建物が見えてくる。
なんだか不思議な感覚。

c0032863_14285542.jpg

c0032863_14291279.jpg

以前一人旅で夕暮れに見たコロッセオは
なんかおどろおどろしくて、怖い感じでした。
でも、今回は青空を背景に、すがすがしさを感じました。
印象を描きかえることができて良かった!

c0032863_14292936.jpg

c0032863_14295329.jpg

c0032863_14305225.jpg

そこからフォロ・ロマーノに入り、都会の真ん中に古代の空気を
感じることができる場所があることに驚きました。
広すぎて、閉門ギリギリになってしまい、追い出されるように門を出ました。

c0032863_14311369.jpg

帰る途中の遺跡にいた猫。
何かの番組で、猫が遺跡にたくさん棲み付いてると言ってたなぁ。
でも、ちゃんとお世話している人もいるらしい。
イタリアと、猫。いいねぇ。

c0032863_1431271.jpg

マクドナルドも、イタリアではこうなるのか・・・
でも、あることにビックリだけど。
あまり、あってほしくないと思うのは私だけかな?

c0032863_1432258.jpg

最後、ホテルの最寄り駅までメトロに乗ることに。

バスにメトロに、都会の午後のお散歩となりました。
そういえばこの日、お昼何食べたんだっけ・・・???
写真が残ってない!

プーリアで胃袋酷使したから、飛ばしたんだったかなー。
[PR]
by SOLEO1 | 2016-08-02 18:11 | ローマ*Roma
ブリンディシから小一時間。
あっという間にローマに着いて、
無事荷物を受け取り、まずはホテルへ。
今回は時間を有効に使いたいので、ホテルの送迎車を頼みました。

ローマ滞在は1日だけ。
移動がしやすいホテルを探し、"ホテルアマリア"に。
メールでのやり取り通り、到着ロビーで名前のボードを持つ男性発見。
c0032863_1475057.jpg

普通の車でした。
高級車を頼んだわけではないし、当たり前だけど。
c0032863_1484510.jpg

c0032863_149557.jpg

こんな景色を見ながら、プーリアとの違いにどんどん無言に。
車もバイクもいっぱい。
都会に来てしまったなぁ。
そして街中の一角に車が泊まって、ホテルアマリア到着。
チェックインを済ませ、部屋へ移動・・・
c0032863_14121634.jpg

これ、これやねん。
この、日本ではまず見かけないエレベーター。
懐かしさがこういう所でこみあげてくるな。

そして、お部屋の中。
c0032863_14164057.jpg

c0032863_1417532.jpg

なんか、天井が高いこともあり、がらんと広い。
c0032863_14171725.jpg

c0032863_14173145.jpg

c0032863_14174753.jpg

この鍵。
もちろん出かける時は預けるんだけど
宝箱の鍵みたいな。
c0032863_14272342.jpg

荷物を置いて出かける時に見た看板。
朝食場所みたい。かわいい。

さて、外に出ると、都会の喧騒。
気合いを入れて、バス乗り場に向かうことにしました。
c0032863_1429359.jpg

c0032863_1429523.jpg

[PR]
by SOLEO1 | 2015-11-27 14:31 | ローマ*Roma
c0032863_1552193.jpg

c0032863_15524371.jpg

今日はローマからプーリアへ。
国内線だからそんなに急がなくてもいいけど
空港で朝ごはんをゆっくり食べたいので早起き。
c0032863_15525538.jpg

昨晩とは打って変わって、ガラガラのバス。
空港まですぐでした。
c0032863_1553919.jpg


実は日本でうまくアリタリアのウェブチェックインができず、
途中で画面がフリーズしたのでチェックインできてないかと思ったら
一人分だけ、プーリアまでできてしまっていて・・・
ローマ空港でもう一人の手続きをしたけど、やはり席は離れてしまいました。
満席なので席がかえられないとのこと。
しょうがないですねー。

c0032863_1553254.jpg

c0032863_15533852.jpg

荷物を預けて、さて、朝ごはん!
私はカプチーノとマフィン!と決めていました。
久々のカプチーノのオーダー。
一人旅とは違って、due cappuccini per favore!
と言いたかったのに、だんなはんはコーヒーが苦手。
せっかくイタリアに来たのになぁ~。
ずっと、 un caffe か un cappuccino でした。残念。
でも、やっぱりバゲットサンドやサンドイッチのデカさに驚いていました。
そして、パンの硬さにも・・・。
私も、思う。

ごはんを食べながら、イタリア語と食器のカチャカチャいう音。
飾らないお洒落な人やインテリアを見ながら、
ほんとにイタリアに来たんだなぁ~と、しみじみ。

朝ごはんを終えて、2階の搭乗口へ向かってみると
これまた、なんだかお洒落な空間。
おみやげも、カッコよくディスプレイされてて、なんかワクワク。
c0032863_15535698.jpg

このパスタ、南ではおなじみなんですね!
うれしくなりました。
c0032863_1554134.jpg

ストレガもある!

そして、搭乗口手前にいい感じのバール。
で、いい感じにイタリアっぽい男性が。
絵になりますねー。
c0032863_1554262.jpg


プーリアへは、小さい飛行機で。
私達以外は全員イタリア人、そして、満員。
c0032863_15543950.jpg

c0032863_15545810.jpg

あいにく3名席の真ん中でしたが、少しの我慢。
短いフライトでしたが飲み物とおつまみをくれました。
Biscotti(クッキー)かSalati(塩味おつまみ)のチョイス。
これ、どっちも美味しかったです!

1時間ちょっとでプーリア、ブリンディシ空港着。
やっと、やっと、念願のプーリアに。
[PR]
by SOLEO1 | 2014-05-29 07:44 | ローマ*Roma
予定時刻通り、イタリアに、着きました。

飛行機が着陸してからの、機内の音楽。
イタリアっぽい!

早速電話でしゃべり始めるイタリア人たち。
イタリア語だらけ!

私達は、明朝国内線でプーリアに向かうため
今晩はこのフィウミチーノ空港敷地内
「ヒルトン・ガーデン・イン」を予約していました。

そして、予想していた、まずは最初のハプニング。
ホテルのシャトルバス乗り場が見つからない。
スーツケースで何度もバス乗り場を往復し、
最終的に見つけたのは張り紙。
必死に読んでいると、「イタリア語はできるのか?」とおじさん。
停留所が4月1日から変わってる、と言ってくれているみたい。
すると、イタリア人親子がやってきて、自分たちもシャトルに乗るからと一緒に移動。
やっとこさバス停を見つけたけど、すごい人。タバコくさい。
停留所の地図を見ると、すぐ隣がホテルなのに、巡回だからぐるっとまわって最後の方。
まあ、明日の朝はラクだからいいか・・・とか話しながらバスを待つ。

思ったのが、どのバスがどこ行きか、全然わからない。。。
だいたい、この時間に来るんだからこれだろう、という感じで乗るのか?
そしてバスは来たけどめっちゃ満員。けど、乗らないと!

荒い運転で酔いそうになりながら、やっと着いたホテル。
近いのに遠いホテルだった・・・。

「ヒルトン・ガーデン・イン」お部屋チェック!
c0032863_16315320.jpg

ふつう。
c0032863_1632643.jpg

ふつう。
けど、使ってみてわかったことは
ペラペラした滴よけ?が、全く意味がないということ。

c0032863_16343787.jpg

ひさしぶり、ビデ!
だんなはん、「なんじゃこれ?」。そう思うよね・・・。
でも、トイレの水の流れはキツめでOK。

c0032863_16345290.jpg

ベッドは広くて、部屋もビジネスホテルという感じで綺麗でした。
アメリカンスタイルで、ちゃんとコーヒーセットもありました。

c0032863_1635785.jpg

ホテルの入口に、無人の売店があります。
そこで物を取って、隣のフロントでお金を支払う形。
フロントで大きな声で呼ばないと人は来てくれませんが・・・。
ビールも、その場にオープナーがあるので開けて部屋に戻るという。
だんなはん、初日にしてイタリアの「適当な感じ」を感じ取った様子。
これからずっと「だってイタリアだし!」で自分たちを納得させる二人なのでした。

今晩は機内食でおなか一杯だったし、早々に就寝。

明日は9時過ぎの飛行機でプーリアへ!
[PR]
by SOLEO1 | 2014-05-26 18:43 | ローマ*Roma

カメラは正直。


c0032863_21484467.jpg
私が唯一、ローマで撮った写真がコレです。。。
なんとも私の心境を語ってくれているような、怯えたショット。

人ごみとうす暗がりと蛍光灯が混ざり合うと怖くないですか?

今回の旅は田舎を巡ってゆったり過ごす、というのを目的にしていたので
ローマの観光は特に考えていませんでした。
ですが、B&Bのマンマがせっかく来たんだから、晩ご飯の買い物してくるから色々見に行って
きなさいよ!って・・・。もう16時近いんですけど・・・。ほとんど暗くなってきてるんですけど!!
私は日本でも、一回家に帰ったらそこから出かけるということはまずありません。
暗くなったら出歩かないんです。なのに、なんでローマまで来て暗がりを歩かにゃならんのだ。
マンマは私を追い出し(いえ、そんなことないんですけどね^^;)~時くらいに帰ってきてねって。
あんまり早く帰ってきたらごはんできてないからね!って。

もう、怖くて怖くて。でも修行や!!と覚悟を決めてメトロに乗りました。
その前に道に迷ったので、シスターなら知ってるだろうと「~~どこですか?」
って聞きましたが、あやふやな返事しかもらえず出足をくじかれた。。。
御堂筋の地下鉄をもっと怪しくしたようなメトロに乗り、コロッセオだけでもいっとくか・・・と。
人がいっぱい。なんか雰囲気が怖い。帰りたい。すごいけどもういい!
そんな私の気持ちが詰まった一枚です。

そしてやはり、メトロの切符自販機でジプシーの子供たちと格闘?に。
おつりの出口を手で受けるようにしてへばりつく。なにすんねん!?
とは言いませんでしたが、切符もお釣りも自分で取れるわ!
おしくらまんじゅうのような感じでお釣りをもぎ取りました。並んでる人みんなにそれか・・・
皆さん慣れてますね。      メトロって、はっきり言って乗りたくない。

コロッセオとその隣の遺跡を閉門していたので外からちらっとみて、さっさと帰りました。
近くのネットカフェでも行こうかと思って。まだ一時間も経ってないよ。。。。
そして入ったネットカフェはなんかアヤシイ(涙)何してんだよあたし。タバコくさいし、悲しいから
早々と帰宅。当然何も用意されてないので、手伝いま~す♪と一緒に作りました。

やっぱこういう方が楽しいわ!!
いつかローマ、リベンジです。どなたか「楽しいローマの過ごし方」教えてください。
・・・・・・・1人で行くから余計に怖いんでしょうけど、ね。
[PR]
by SOLEO1 | 2005-04-20 22:09 | ローマ*Roma

c0032863_11522716.jpg
そういえば、今回の旅の日程はご紹介してませんでしたね。(別にいいと思いますけど)
一応、こんな旅もありましたよ、ってことで。。。初海外一人旅される方に捧ぐ(笑)
旅慣れた方はすっとばしてマンマの手料理へドウゾ。

期間:11月下旬(飛行機代が安くなってから)9泊11日自由旅行(飛行機のみ旅行会社)
目的:小都市に滞在&メルカート&毎日カプチーノ&ホットチョコ&スーパー&景色etc
日程:ミラノ1泊(寝るだけ)→ESにてフィレンツェへ移動、フィレンツェにて3泊
   フィレンツェ→IC・D乗り継いでアッシジへ移動、アッシジにて2泊
   アッシジ→IC・D乗り継いでオルヴィエートへ移動、オルヴィエートで1泊
   オルヴィエート→ICでローマへ移動、ローマ郊外のマンマのお宅で1泊ホームステイ
   ローマ・フィウミチーノ空港→フランクフルト・マイン空港へ、フランクフルトで1泊
   フランクフルト→日本へ!

*フィレンツェでは1泊はサンロレンツォ地区で、あとの2泊は中心部の素敵なプチホテル☆
 このプチホテルは本当に素敵だったので、またご紹介したいと思います。

*英語少々、イタリア語X。「一人歩きのイタリア語」を暗記&問題集等「買ってみた」
*多分、総額お土産除いて20万位(ホテルは日本でネット予約&親切な方に手配頂く)
*お土産はフィレンツェにてまとめて購入、「パッコ・シェレーレ」という郵便で日本へ送る。
(郵便局でやりとりします。普通のより、ちょっと高いけど安全?で早いそう。ちなみに1週間弱で日本に届きました。売店で売っている専用の箱に詰めて郵便局で計量して出す)
*服装はジャンパーのような上着の下に脱ぎ着用ハイネックの厚手カーデみたいなのを。
2種類の薄い長袖トップス。下着は毎日洗って干してました。乾燥対策に。2日分で十分?
*バッグは機内持ち込み可能サイズのコロコロ。(のつもりがLHはダメでした・・・)
*靴はスニーカー。
***********************************************
ざっとこんなかんじです。無事に帰ってこれてラッキーでした。

で、ローマのマンマ宅ホームステイですが、これもネットで予約、でもその仲介の旅行会社
の方とは、メールでやりとりしていましたが最終的には電話で「~駅で~~の服装した○○さんという方が
おられますから」というなんともアバウトな!状況。

でもちゃんと会えましたし、いいんじゃないでしょうか(笑)
なぜホームステイにしたかというと、田舎巡って最後が都会のホテルではオドオドしてしまいそうだったので、
郊外のお宅にてマンマ(一人暮らし)の手料理が食べたいな~と思ったからです。実際会って、とってもお茶目で明るいマンマで、とっても楽しい美味しい時を過ごすことができました!

マンマの手料理
[PR]
by SOLEO1 | 2005-02-16 12:34 | ローマ*Roma
これが、本家本元のチャンベッラです!おいしそうでしょう??
c0032863_10252312.jpg

ローマのあるラツィオ州の伝統菓子だそうです。
実はこのドルチェ、ディナーが終わった後、なので9時を過ぎてからマンマが
「さあ、まだスクオーラ(学校)は終わってないわよ~」と楽しそうに言い出して、
「何をするの??こんな時間から??」という私に「まあまあ見てて」と言いながら、
こんなことをし出しました♪待ってたんです、こういうの!!
c0032863_10292262.jpg

ディナーの後片付けをすませ、クロスをとって、出ました「テーブルの上でお料理教室」
イタリアのテレビとかで、直に机でお料理する場面を見かけていたので目の前で見れて
うれしかったです。しかもドルチェ!実はディナーも少しお手伝いしたのですが、それは
ちょっとだけ。ディナーのお話は次回にするとして、今回はドルチェです!
**************************
どこにでもあるふつーのビニールコップで小麦粉をすくい、テーブルにもる。
そこにお砂糖、オリーヴオイル、赤ワインを混ぜていくだけ!!全部1カップです。
そして、手で生地をつくり、テンパンに棒状にのばしてクルッとまるめて後は焼くだけ!
マンマいわく、「日本でも作りたいだろうけど、素材が良くないとダメなのよ!」って。。。
オリーヴオイルが決めてだそうです。さすがイタリア!
**************************
この作業を私もさせてもらいました。楽しかったです。仕上げにグラニュー糖ふってたかな。

焼いてる間はマンマと写真や遺跡の写真集なんかを見て、おしゃべり。
(実はマンマは英語が少しできると聞いてましたが、ほとんどイタリア語でしゃべってくる・・
私のイタリア語が幼稚園児以下と知りながら。)
でも、「話したい」「伝えたい」という気持ちがお互い同じなら、なんとかなるものだな、と
思いました。これこそホームステイの意味なんでしょうね。
毎日生活する上で必要な語彙、フレーズを覚えていく。私たちも普段使う言葉なんて
知れてますよね?言葉って、使って慣れていくものですね。

話の途中からもうたまらない香りが・・・。
出来上がりアッツアツをまずヤケドしながら頂き、あったかいカフェオレと一緒にまた2つ。
次の日の朝にも。私の作ったもの同様、とても歯ごたえのある食感になってました。
そしてマンマは残り全部を袋にいれて、帰り際にプレゼントしてくれました。

こんなに素朴で美味しいお菓子は、食べたことがありませんでした。
ここはイタリア、マンマとお料理におしゃべり、初めての味覚。
いろんな思いが、食べるもの全てを美味しく感じさせてくれる、やっぱり「旅」は最高です☆
[PR]
by SOLEO1 | 2005-02-15 12:19 | ローマ*Roma