イタリアに魅せられて・・・  そして。 


by SOLEO
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:オルヴィエート*Orvieto( 10 )

路地アルバム

c0032863_8443317.jpg

[PR]
by SOLEO1 | 2007-06-02 08:45 | オルヴィエート*Orvieto

”オルヴィエートの”家

c0032863_22333116.jpg

オルヴィエートの家々の壁。
土の色のような、あたたかみを感じる色でした。
植物と、壁と、ランプ。
まるでオブジェのような一角。
でも、そこからふと目をそらしてもその雰囲気は続いていて
がっかりさせられることのない、町の中。

c0032863_22335666.jpg

c0032863_22341618.jpg

新しいものを創りだすことも大切だけど
古いもの、昔からあるものを残すことも、もっと大切なんじゃないか、と
イタリアへ行って思った事です。

壊してしまったものは、いくら元に戻しても、新しい。
古いものを捨てなければ、新しいものは入らない なんて言葉もあるけれど・・・
どちらに重きを置くか。 
しっかり考えて判断したいですね。
[PR]
by SOLEO1 | 2007-05-29 22:47 | オルヴィエート*Orvieto

時計台

c0032863_2242675.jpg

c0032863_2254327.jpg

ふと見上げると、時計台。

ふと見上げてしまう、時計台。

オルヴィエートは、そういう町でした。

c0032863_2244474.jpg


c0032863_226414.jpg

[PR]
by SOLEO1 | 2007-05-20 22:08 | オルヴィエート*Orvieto

秋の空気 秋の色

c0032863_2055677.jpg

c0032863_20521434.jpg

c0032863_20555376.jpg


ほとんど車も人も通らなかったこの時間。

道を歩いているだけで幸せな気分になれました。

どこを見ても、 イタリア、オルヴィエート、ウンブリア の空気。
なんというか・・・混じり気がない、のが素晴らしいなと思います。

都会的なところと、地方の色が伺えるところ。
どちらも素敵だけど、混ざってしまうとそれぞれの色がうすくなってしまう気もする。

その土地の濃い色、濃い空気を感じることができると、うれしいですね。
[PR]
by SOLEO1 | 2007-05-14 21:20 | オルヴィエート*Orvieto
c0032863_1091673.jpg

c0032863_1093785.jpg

c0032863_1095744.jpg

c0032863_10101417.jpg

[PR]
by SOLEO1 | 2007-05-12 10:12 | オルヴィエート*Orvieto
c0032863_2115766.jpg

c0032863_21153086.jpg

[PR]
by SOLEO1 | 2007-05-10 21:17 | オルヴィエート*Orvieto
今日、不思議発見をご覧になった方、いらっしゃいますか?
私、最後の問題正解!
行った方はみんな知ってますよね^^;

そう、イタリアの天空の街、「オルヴィエート」が出てきたんです。
記事にもしましたが、綺麗で可愛くて美味しい街!!もう、本当に最高でした!
c0032863_2118536.jpg


そして、問題にもなっていた「サン・パトリツィオの井戸」にも行きました。
朝早すぎて、降りて登って帰ってくるまで一人。。。結構あの井戸の中で1人ってのは
スリル満点。アー とか言って響きを確かめても恥ずかしくない。
c0032863_23171874.jpg
上から覗いたところ。
お金、投げ入れたくなりました。

c0032863_23182271.jpg
        途中で見上げたところ。石に生えた草の感じがたまりません。歴史を感じます。

c0032863_23205924.jpg
下からです。
帰りは、行きの人とすれ違わないような構造に
なっているのですが、実感が。。。
途中で立ち止まらずどこまで上り続けられるか、
やってみました。
半分もいかず断念。
めっちゃしんどいです!全部で264段だっけ。。。
私も数えたんですが、2段ほど違ったような気が?

前日、日が暮れてから地下都市ツアーに参加しました。
イタリア系英語で、ぜんっぜんといっていいほど
わからなかった・・・
でも、鳩の住処については、ばっちりわかりました。

オルヴィエート、本当におすすめの場所です。
静かで、あたたかな、とっても雰囲気のあるところ。
[PR]
by SOLEO1 | 2005-04-16 23:27 | オルヴィエート*Orvieto

空のどこかに

c0032863_11302755.jpg


いつも、飛行機で飛び立つ瞬間、わけもなくものすごく感動するんです。
あまり頻繁に乗るものではないから、そうなるんだと思いますが、涙が出そうになるくらい。

機内ではやっぱり窮屈だったり、むくんだり、おなかいっぱいになりすぎたりして
色々ありますが、やっぱり私は飛行機大好きです。雲の上から見る景色。
もくもくの雲を見ていると、こんな広い空のどこかにはきっとラピュタがあるんじゃないかって
思ったり。 空の色の移り変わりを見ていると飽きません・・・

このブログでたくさんの旅好きの方、グルメな方、その他私の思いに共感して下さる方々と
お話できて、本当に嬉しいです!


イタリアのラピュタといえばこちら。
c0032863_11422796.jpg

山の上にある街、オルヴィエートです。この位置も山の上。
そこに城壁のようなものがあり、その上に街があります。とても小さいですが、素敵です。
食事も最高♪(過去ログでレストランご紹介してますが、美味しすぎ。)
[PR]
by SOLEO1 | 2005-02-17 12:30 | オルヴィエート*Orvieto

オルヴィエートの空

c0032863_10204320.jpg
 

”飛行機雲”好きです。
c0032863_10205768.jpg

蛍光灯の光でなく、ランプの光はなんだか落ち着きますね。
[PR]
by SOLEO1 | 2005-01-17 10:23 | オルヴィエート*Orvieto
オルヴィエートで一番のレストラン。
「イタリア生活日記」Tsuyoshiさんの記事よりTrackbackです。
c0032863_225176.jpg
*前菜の盛り合わせ*
c0032863_227225.jpg名前、忘れました・・・トルテッリーニという種類のパスタです。













オルヴィエートでふと入った編み物&焼き物屋さんで、とっても感じの良い店員さんがいて、
その方が作っている焼き物でなんと「グリーンティー(緑茶!)」を頂きました。
話をしているうちにお昼の時間も近づいてきたので、”地元の人たちが行くおいしいお店”を
聞いたところ、教えてくれたのが「MEZZA LUNA」。
なんと、TsuyoshiさんによるとオルヴィエートNo.1だとか!
そりゃーおいしいはずだ。本当に、美味しかった!

メニューを見てもあまりよくわからないので、前菜の盛り合わせと、primoはおすすめを
聞いてみたんですが実は早口すぎてこれまた聞き取れなかったので、おじさんが指をさした
あたりを頼んでみました。
他のテーブルに運ばれていくパスタを見ておののく私。
後ろに座っていた店員の若い女性に「あれ一人分?」(みたいな適当なイタリア語)と聞くと、
「もちろんよ!!」と満面の笑みで応えてくれました。
この女性、まかないか何かでどでかいステーキを嬉しそうにたいらげていました。
なんていい国。。。感動。

絶対食べきれないんじゃないかと思いきや、このトルテッリーニとやら、中につまっているもの
(ミンチみたいなお肉?)がジューシーな上、トマトソースととろけたチーズ、そして
ふりかかっているチーズがなんともいい具合にからまっていて、美味しすぎ!!!
完食です。

デザートにティラミスを食べたかったのですが、冷たいのしかないとのこと。でも絶対おいしいよと言われ、
まさにボウルの大きさのティラミスジェラートに挑戦。
完食。おいしかったんですけど寒くなったのでカッフェを。

隣のテーブルではグループの方々が賑やかに全員がウワサの?カルボナーラを食べてました。
今度は私も食べてみたいなあ。
おなかは破裂寸前、白ワインで気分はほろ酔いで外に出た私は、鼻歌をうたってしまった位
幸せでした。 食べたら動く、ってことでそのまま街の外周をぐるっと散歩に繰り出しました。

お代ですが、ほんとに安い。水も頼んでしめて15ユーロくらいだったかな?
この日の晩は、果物屋さんで赤と青のミニりんごにしました。。。

c0032863_345382.jpg
*ティラミスのジェラート*c0032863_352575.jpg
*カッフェ*
[PR]
by SOLEO1 | 2005-01-16 03:12 | オルヴィエート*Orvieto