イタリアに魅せられて・・・  そして。 


by SOLEO
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2005年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ホットチョコレート!!

c0032863_9484591.jpg

今週はとっっても寒くなるようです。甘いもので寒さを乗り切りたいと思います。

こちら、フィレンツェの 「CAFE GIACOSA」 のホットチョコレート。
正しくは、 ちょこらーた・かるだ・こん・ぱんな といいます。コン・パンナ=生クリームつき。
この単語だけは行く前から頭にたたきこんで行きました。
そして、旅行中何度この単語を使ったことか・・・「ちょこらー・・(省略),per favore!」

最初は「ヘミングウェイ」というカフェに行くつもりでしたが、あいにくお休み。
有名なチブレオにしようかな・・と思いながら、ホテルのオーナーさんにオススメの
お菓子屋さんを聞いてみるとこの「Cafe GIACOSA」とのことでしたので、行ってみました。

とても今風の店構えで、やはり中では立ち飲みでいっぱい。
私も座ると高いのは分かっていたので、立って飲みたかったのですが混んでいて
進められるがままに着席してしまった。。。(はっきり言って高すぎでした)

生クリームてんこ盛り、クッキーまでついてて見てるだけでシアワセ気分☆

が しかし。甘いの大好きな私でさえ、脳天突き破るかってくらい甘かった。
お昼にトラットリアで一人ランチをたらふく食べた(デザートにチーズケーキも)後
数時間後のことだったので、きつかったのかも。はなぢが出るかと思いました(失礼)

でも、やめられないんだなぁ・・・              (晩御飯はヨーグルト。)

国内外問わず、シアワセ系(どんなんや)ドリンク情報ありましたらよろしくです。
チェックリストに加えさせていただきます。
[PR]
by SOLEO1 | 2005-01-31 12:31 | フィレンツェ*Firenze

c0032863_21463670.jpg
c0032863_21471776.jpg
こちら豚の角煮丼!
今日はちょっと旅行記をひと休みして、私の地元・奈良のイチオシカフェをご紹介します☆
美味しそうでしょう??


こちらのカフェ、その名は「風風」 
「ふうふう」といいます。



知る人ぞ知る隠れ家カフェ、なぜなら・・・奈良といっても、奈良駅やそんな大きい駅の
近くにあるわけではないからです。
近鉄生駒駅から王寺行き電車で(5,6番線へどうぞ)で約10分、「萩の台」という駅のすぐ近くです。
駐車場も少しありますよ。お店のHPでご確認ください!
c0032863_17154939.jpg
ログハウスのような木のぬくもりを感じるこのお店では、ほっこりごはんやお茶をしたい方にぴったり。気さくなマスターとお茶目な奥さんが大切に守ってこられた空間は、(16年目!)手作り感満載。そしてお料理もオリジナルなものばかりでいつも迷ってしまいます!
c0032863_2212021.jpg
c0032863_17151290.jpg










左:お店の前からの景色。生駒山が綺麗に見えます。右:緑あふれる店内

ご紹介した豚の角煮丼の他にも平日はランチもありますし、ごはんもの・パスタ・サンドイッチなど色々あります。ネーミングがかわいいんですよ。例えば、「おたんこナスビのスパゲッティー」とか。。
あとパンケーキもオススメ☆ほんと美味しいですよ~~
c0032863_17141820.jpg
                   大好きなカフェオレです♪

でも、一番何がいいかというと、客層を選ばない自由な雰囲気。
ファミリーでわいわい、モーニングを食べながら新聞を読むお父さん、お昼ご飯を食べに来る
営業マン、おしゃべりに花を咲かせる女性陣、雑誌をみつつひとりゴハンをする人、
クラブ帰りの中高生、そしてもちろん恋人同士も!
【マンガ、雑誌(SAVVYやLマガ、Meetsなどその他色々!)たくさんありますよ。】
BGMはジャズを中心にセンスのいい落ち着く曲がかかってます。クリスマスシーズンには
それにちなんだ曲にしたり、季節感を大事にしたお店です。

細かいことを言い始めると尽きませんが、近辺にお住まいの方、遠くにいらっしゃる方でも
ほっこりしにこの「風風」まで来てみてください!
もちろん、今海外におられる方々も、是非戻られた時にはこちらへ~!

c0032863_22472792.jpg
どーぞ、みなさま、
「いらっしゃ~~い!」
お店のHPはコチラ
[PR]
by SOLEO1 | 2005-01-29 23:04 | 空食にっぽん*Japan

おとぎの国

アッシジにて。
c0032863_1025131.jpg


夕焼けも美しいですが、日が落ちてからの空の色って本当に綺麗。日の出前も同じく。

そんな空とピッタリなオブジェが家の上に飾られていました。
しばらく動けませんでした。 
ふと目にした風景がとてもいいものだった時、なんだか嬉しくなりませんか?

疲れているときや、イライラしているときは 普段なら綺麗だなとかおもしろい!と
感じることもすっと心に入ってきません。
きっとしんどいこと、辛いことに溺れてしまってそればかり考えてしまって
心に いいもの が入ってこれる隙がないんでしょうね・・・。

私は何か悩んだ時は、とことん落ちて自分なりの答えを見つけてから一気に飛び上がる
という感じです。「悩むことは発見すること」、悩みが晴れた後は何か新しいことを
(小さなことでも)始めていることが多いです。


この瞬間この写真の風景を見つけることができた自分で良かったな、と思います。
これからも いいもの をどんどん見つけられるようになりたい。
[PR]
by SOLEO1 | 2005-01-28 12:29 | アッシジ*Assisi

ニャンコ

アッシジで朝食前の散歩中のこと。
人っ子ひとりいない街であるものと遭遇。
c0032863_959548.jpg
「おっ 猫。」
バッチリ目があって 見つめあい(にらみ合い??) ながらゆっくり近づいてみた。
まるでホーンテッドマンションの目だけ動く絵画のようなこのネコ。
負けるか~と思いつつもっと近くまで寄ってみると・・・

・・・・・なんやこいつ!?





c0032863_109585.jpg


おわかりだろうか。 「ヨダレ」を垂れている!!

カメラを構えてもこの通り私をにらみ続ける彼(彼女?)。でも・・・ヨダレ・・
しかも、このよだれびくともせず ずっとこのまま。凍っているのか?

ネコは目が逢うと絶対はずさないというけれど、本当にそうでした。
いつまでもにらめっこをしている訳にはいかないので、大人になってお別れしました。

ふと振り返ってみると、案の定、ベーをしたままこっちを見ていました。

’チャトラン’(知ってます?)、また来るね。
[PR]
by SOLEO1 | 2005-01-27 12:15 | アッシジ*Assisi

空でのごはん

今回はじめてのヨーロッパ行き、どのエアーにしようか悩みました。
どうせ行くならストップオーバーでイタリア以外にもう一つ違う国に行っておこうと思い
KLMでオランダか、ルフトハンザでドイツか。結局宿探しをしているうちに選択肢が
広いのがドイツだったのと、イタリアのミラノ着が一番早いのがルフトハンザだったので
これに決めました。機内食を楽しみにしつつ関空出発!
c0032863_22555934.jpgc0032863_22574754.jpg








まずはスナックに冷たい飲み物。プレッツェルがドイツらしいですね。
甘くないし、ぽりぽりやめられない止まらないですぐなくなりました。
続いて(ほんとにすぐ・・)ランチ。いつも思うんですが、
別に絶対おそばを付けてくれなくていいような。汁がこぼれそうになるし、
麺は全部くっついてくるし、ロールパン食べてるのにおそばって。
洋食メニューの時は外して頂けないものだろうか。
(左奥がおそば、手前はチョコレートムース。)
c0032863_233531.jpg

こちらはディナー。ショートパスタの上に野菜がのってるんですが・・・味がない。初めて機内食で塩を
使いました。そういえば軽食も出たような。おにぎりだったかな。



そしてフランクフルトマイン空港に到着、乗り継いでミラノへ。
この間1時間弱?くらいでしたが、それでも飲み物が出てきちんと箱に入った2種類のサンドイッチまで。なんだかいつもは食べるの大好きな私ですが、機上では拷問のような気が。
その上飛行機が揺れる揺れる、食べた後の回収も早すぎて早食い競争のような忙しさ。
でも、ミラノに着いたら速攻寝る予定だったので食べ物は晩御飯として完食しておきました。
c0032863_23192411.jpg

これは帰りのローマからフランクフルトまでに出た軽食。
チーズかハムかを選べて、私はチーズ。本当にチーズしか入っていなかった。
だけど結構美味しかったです。

機上でのハプニング?
フランクフルトで一泊した後、帰路での機内食も写真に撮っておこうと思っていたのですが
隣の席に空港のゲートでもにぎやかで目立っていたイタリアーノ3人組の中の一人が。
自分をベロちゃんと名乗る彼、(居酒屋の名前だそうな。本名ロベルト)何度か仕事で日本へ来ているらしく結構日本語が話せます。英語、イタリア語・日本語が入り混じった会話をし続け、写真を撮っていられませんでした。おかげで暇しませんでした。途中で疲れて、寝てしまいましたが。
晩御飯の時のこと。私は最後列の3人がけの真ん中の席だったのですが、メイン(温かいやつ)が足りなくなるというハプニングに遭遇。といっても左隣の人まではあったらしく、「今温めておりますので少々お待ちください」、と綺麗すぎる日本語を話すドイツ人のアテンダントさんがおにぎりを私とベロちゃんに手渡しました。今パン食べたのにおにぎりどうぞって!そんなに食べられないよー。。。
そして来たのが、なんと多分ビジネスクラスのホットメニュー。なぜなら机に乗り切らない
大きさだったから。でも、べつに、味に格段の差はありませんでした。その中にもご飯が入っていて、罪の意識を感じながらも残してしまいました。もう炭水化物結構です・・・。

ルフトハンザには常にスナックとしてサンドイッチが置いてあるようです。
おなかがすいたら後方部へ行ってジュースとパンを食べている人もいたようです。
(↑ベロちゃん。2つも食べたらしい。常にワインやスコッチと共に。)
到着前に朝食が出ました。「イタリア人はあんまり朝ごはん食べないんだよ」とベロちゃん。
それはあなたが夜食を食べすぎだからでしょう。
イタリア人なのにコーヒーが嫌いで緑茶が好きという彼。そんな人もいるんですねー。
c0032863_005754.jpgc0032863_04376.jpgそういえば、行きのお隣は添乗員さんでした。かなり旅慣れてらっしゃるのが一目瞭然。飲み物はトマトジュース+レモン、機内食は完食せず、すぐにアイマスクをして眠る。勉強になりました・・。

ちょっと今回長いですね。スミマセン。
UAのクレジットカードでマイルを貯められるので、今後もスターアライアンス系の
乗ったことないエアーに挑戦してみたいです。オススメのエアーとかありますか??
ちなみに、スターアライアンスのスクリーンセーバーを今使っているんですが、
結構かっこいいですよ。
[PR]
by SOLEO1 | 2005-01-26 00:22 | On the sky

作ってみました。

今日ではありませんが、いつぞやの一人昼ごはんです。
イタリアの市場で買って帰ってきたポルチーニ茸とパルミジャーノ・レッジャーノを
これでもかって程すりおろして入れたリゾットです。
c0032863_23252351.jpg

すみません。リゾット「もどき」でした。
本当のリゾットは生米からじっくり時間をかけて作りますが、一人分だし残りゴハンを
終わらせたかったんです。。でもやはり食材がよいのか、結構いけるやん!な味。

食材で感じることなのですが、イタリアの市場で見かけた野菜や果物は、本当に色鮮やか
で一つ一つが強烈な個性があります。そこで日本の食材を見てみると、色も味もガツンと
パンチのきいたものではありませんが、その分うまく合わさって一つの料理になるような
気がします。旅行をしてその土地の気候や風土に合った料理を食べてみることが
一番その地域を知る手掛りになるんじゃないかな、と思っています。(国内外問わず)

ドイツのクリスマスマーケットで買ったサラミはキャベツとお正月に食べ切れなかった
厚切りハムと一緒にひたすらコトコト煮てスープになりました。
かなりスパイス入りのサラミだったので塩コショウをそんなにしなくてもいい味がでました!

今度、ビスコッティを作りたいなと思っています。
[PR]
by SOLEO1 | 2005-01-24 23:58 | 空食にっぽん*Japan
c0032863_16455324.jpg

ちょっと 感動しました。
[PR]
by SOLEO1 | 2005-01-24 18:49 | On the sky

グリューワイン

c0032863_21152467.jpg

ドイツ・フランクフルトのクリスマス市でのことです。
あちらこちらでかわいい長靴の入れ物に入った、湯気のたったあったかそうなものを
おいしそうに飲む人達を見かけました。
それが何なのかわかりませんでしたが、飲んでみたくなって長靴コップを求めて
屋台をぐるっとまわっていると、ありました!樽の前に並んでいる赤や黄色の長靴コップ。
ソレがナンだか何と呼ぶのか知りませんでしたので、指差し方法で注文。
出てきたのはなんとも芳しい赤ワイン!ホットワインです!初めて見ました飲みました。
湯気がアルコールを含んでいるので、飲む時にフーッとした時鼻で息を吸ってしまい、
ゲホゲホとなってちょっと恥ずかしかった・・・。

カップは保証金のように先にいくらか払い、飲み終わってカップを返した時に返金という
システムでした。それにしても、本当に程よい甘さで美味しかったです!
そしてあったまりました。
他にもかわいいカップでホットココアや他の温かいお酒も見かけました。
日本でやると熱燗の屋台ってとこでしょうか??
11月末でも結構寒いのに、でっかいグラスでビールをゴクゴク飲む人々。
冷たいビールを外で。やっぱりドイツってビールやなーとか思いながら飲み干しました。

c0032863_21385963.jpgところでこれ、今日入手した「グリューワイン」。あるチラシで成城石井で年末に限定販売されたと知り、近くの店舗に行ってみると売り切れていたので、他店舗から取り寄せてもらいました。
鍋で温めて飲んでください、紅茶やコーヒーと同じくらいの温度にして下さい、なんていうアバウトなコメントが・・・。  味はまだ試していないのですが、ホットワインってただ単に赤ワインを温めるのではないのですね。確かにあの香りはワインだけではなかったですが、ブルーベリーやスパイスを加えてあるとのこと。お値段たったの998円也。期待しすぎず楽しみに。。。
友人がホットワインの手作りレシピがあると教えてくれたので、試してみようかな?

いつもは眠れない時などあったかいカフェオレを飲んだりするのですが、
ホットワインにしたらもっとあったまって良く寝られるかもしれませんよね!
[PR]
by SOLEO1 | 2005-01-23 22:03 | 空食ドイツ*Germany

パニーノ

c0032863_9522335.jpg

アッシジでは2日滞在でしたが、2晩とも晩御飯はパニーノ&ヨーグルト。

日本では「パニーニ」ですよね。一つなら「パニーノ」、複数なら「パニーニ」だそうです。

それにしても美味しい。
今回は変わった物が入っているのではなく、スタンダードなチーズとプロシュートだとか、
トマトやほうれんそうのペーストのオーソドックスなものにしました。
c0032863_9523670.jpg

でも、何が日本と違うかというと、チーズはチーズでも「~~チーズ」と種類がたくさん
あるんです。(すみません、名前はよく覚えていない・・)ハムも同様。
それがまたなんだかパンやハムの塩気といい感じに合わさって、美味しい。
お店では温める?と聞いてくれるので、もちろん温めてもらい、急ぎ足で冷めないうちに
ホテルに持ち帰ってテレビを見ながらゆっくり晩御飯タイムです。
c0032863_10067.jpg

あと何が良いって、大きさです。大満足できるこのサイズは嬉しい限り!
でも、この2日目のパニーノを売っているお店はホテルから少し離れていて、(S.キアラ教会の近くだったと思います)アツアツにしてくれたのはいいのですが、それを早く持って帰らなくてはならないのが大変でした。
ってかじりながら帰ればいいことなんですけど。
ホウレンソウのペーストとトマト、チーズが絶妙、フォカッチャの塩気もきいていて、
表面かりっ!でBuono!!
私の中では熱いものは熱いうちに、冷たいものはぬるくなる前に、が基本。
朝食でお持ち帰りしたパンも温めたかった。。。

今回の旅行では毎日のようにスーパーや小さい食料品店でヨーグルトを買って
食べてました。そのおかげで・・・いや なんでもないです。
そういえば、日本ではLPGナントカとか、健康食品系のヨーグルトがたくさん出回って
いますが、イタリアではほとんどフルーツやバニラなど普通のものでした。
(都会ならあるのかも)
味は特にイタリア!とは思いませんでしたが、caffe味があるところがイタリアかな?

c0032863_2333957.jpgついでにドイツでの晩御飯(クリスマスマーケットで満腹だったので控えめ)でのヨーグルト。小さなアジアか中近東系の人が経営しているスーパーに入ってみました。
ドイツとは結びつかない食材や飲み物、その他色々あって面白かったです。フランクフルトは結構様々な国の色が混ざっていて驚きました。




これはミューズリのヨーグルト。日本では見かけないので思わず手にとってしまいました。
パックヨーグルトは・・・万国共通の味ですね。
[PR]
by SOLEO1 | 2005-01-21 12:40 | アッシジ*Assisi
私がチェックインした日、フロントの方が「今日は宿泊者がとても少ないので、明日の
朝食は朝食ルームではなくて、あちらの部屋で」とこじんまりした場所を指定されました。
11月後半は、料金も安いし街も人で溢れかえることもなく、街歩きするには丁度良いかも。

翌日、朝の散歩の後指定された場所へ向かうと、ちゃんとセットはされているのですが、
まだ誰もいない。フロントのおじさんに あの~朝ごはん・・・と言いにいくと、
「ボンジョルノ~何か飲みますか?」とのことなので、カプチーノを。
私が一番のようで、そして結局食べ終わっても他の宿泊者も来ず、一人で朝食満喫。

c0032863_10141727.jpg
c0032863_10154462.jpg

パン2種類(カタイ・・)ハム、チーズ、ミルク、ブラッドオレンジジュース、ヨーグルト、
トーストできる胚芽パン、バター、ジャム色々。

c0032863_10335363.jpg一種類ずつとって、座ってさあいただきます!っていう時に、おじさんがケーキを持ってきてくれました。朝からケーキが食べられるなんて幸せ~。自分で大きくカットして頂きましたが、後から考えると私一人しかいなかったから、切った大きさがバレる・・・
c0032863_10394350.jpg
噂に聞いていた赤いオレンジジュース。そんなにすっぱくなく、おいしかった!おかわりしました が これも減った分は私。コップ小さいから3杯はいけましたが、控えさせて頂きました。カプチーノの模様はもしやキノコ??
こういう心遣いは嬉しいですよね。
c0032863_10464990.jpg


+ケーキ・トーストしたパン(薄切り

カプチーノをおかわりか、エスプレッソをお願いしたかったんですけどおじさん現れず。


ああ、もっと人がいれば・・・。色んなジャムが置いてあって、見たことないモノ好きの私は
すべて試してみたかったんですが、そんなにつけられるものではない。
ヌテッラというチョコレートペーストはもちろん、プルーンやその他色々。
お持ち帰りしたかったのですが・・・気の小さい私はつけなかった種類だけササッとポシェットに。
食べ切れなかったパンも入れたため小さいポシェットは異様な膨れようになってしまいました。

一回お皿にとったものを残すのに罪を感じてしまう私。残しておけばいいのでしょうが、
誰もいないし晩にでも食べようかなーと。せこい?

ガソリン満タン状態になったので、部屋に戻ってポシェットを空にしてから
この日は丸一日アッシジ探索!この街、小さな路地・階段・適度な上り坂がいっぱいで体によろしく、
家々もピンクがかったの石で作られていてとても可愛らしく見飽きることがありません。
c0032863_0105319.jpg


そうそうケーキの味はというと、多分マーブルチョコケーキらしきものだと思いますが、
素朴な味で美味しかったです。けれど結構ぱさぱさしていたのでお腹ふくれました。
単なる食べすぎかも。
[PR]
by SOLEO1 | 2005-01-20 12:30 | アッシジ*Assisi