イタリアに魅せられて・・・  そして。 


by SOLEO
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
c0032863_15192971.jpg

怒涛の1日を終え、寝る時には緊張と興奮で高まりすぎたのか
頭痛薬を飲まないと寝られない状態に。。。
だけど、とっても清潔で心地良いお部屋とベッドでぐっすり眠ることができ
迎えた「出発の朝」。

本当に、今日イタリアに行くんだ・・・・・

その前に、朝食券を頂いていたので、朝ごはんの「ラジョウ」へ。
控え目のハートマークがかわいらしい♥

それが!
ウワサには聞いていたけれど、この朝食ブッフェ、めちゃくちゃいい。

c0032863_15195160.jpg

c0032863_9311489.jpg


種類は多すぎず少なくなく。
どれもこだわったものばかりで、
なんと朝からフォアグラやローストビーフなんかもあり。
だんなはんは「フォアグライクラ丼」状態にしてました。
パンも美味しいし、コーンスープが濃厚で好きな味!

あまりにもゆったり食べれる雰囲気と美味しい食事で
ゆっくりしすぎて時間がやばい・・・!?

綺麗に、たくさん並んだスィーツを食べられないまま席を立ったのでした。

c0032863_9312973.jpg


これは、そりゃあコンビニで朝ごはんを済ませるのに比べたら
ものすごーくお高いけど、私は、高くないと思います。

c0032863_9322387.jpgc0032863_9323757.jpg


落ち着いたホテルで泊まって、美味しい朝ごはん。

京都センチュリーホテル、ほんとにいいホテルでした。


落ち着きすぎた分、やはり、猛ダッシュするはめになりました。
何故、旅の時って、どっかで走るんでしょうね??

でも、ホテルからJR京都駅の関空特急はるかの乗り場まで
なんとかスーツケース押しながらでもノンストップで走れる距離。

なんとか発車ギリギリに間に合って、いざ関空へ♪
[PR]
by SOLEO1 | 2014-05-21 18:23 | いいもの*Favorites

10年越しの。

c0032863_14241080.jpg


イタリア一人旅を2度終えてから、大のイタリア好きとなり
イタリア関係の仕事について9年。

正直、またいつか行けたらいいなぁ、というくらいで
日本でイタリアのものに囲まれて過ごす日々を満喫していました。

神様からのプレゼントか
また、イタリア旅行記が書ける日がくるなんて
本当にうれしいことだなと思っています。

今回は、4/6~15まで
ローマIN~プーリア2泊~ローマ1泊~フィレンツェ2泊~ヴェネツィア2泊
9泊11日のふたり旅。
私が死ぬまでに絶対に行きたかった街、南のプーリア、オストゥーニから
2人が行ってみたいと思った街、北のヴェネツィアへ。
ヨーロッパが初めての相棒にも、これぞイタリア、を感じてもらえるように
そして、なぜ私がイタリアが大好きなのかをわかってもらえるような
そんな旅ができたらと、披露宴の準備の合間にプランを練りました。

これから少しずつ、思い出しながら綴っていこうと思います。
[PR]
by SOLEO1 | 2014-04-24 18:14 | イタリア好き*ITALIA

私の原点


c0032863_15285135.jpg

c0032863_15293490.jpg

c0032863_15295553.jpg

ヨーロッパの街並み。
時間を経た美しさがなんともいえない魅力。
カラフルだけど、いやらしさのない、馴染む色合い。
やっぱり、この風景は私にとって原点。
c0032863_15341149.jpg


c0032863_1530127.jpg

c0032863_15303663.jpg

c0032863_15305987.jpg

夜になると、オレンジ色の温かい光が灯る。
重厚な、でも優しい空気になる。


c0032863_15323140.jpg

やっぱり、食事はワインとイタリアビールで。


c0032863_15352698.jpg

そうです。東京ディズニーシー。

クリスマスのディズニー最高☆
c0032863_1537081.jpg


10年ちょっと前、初めてディズニーシーへ行きました。
はじめて見る街並みに、これは何!?と衝撃を受けました。
イタリアの街並みを再現していると知り
イタリアか、ふーん・・食べ物もおいしそうだな、と。

後日、一度海外の一人旅をしてみたい・・・でもどこへ?
と考えている時、あの風景、街並みを見つけます。
何かに突き動かされるように、イタリア行きを即決。

半年後、再度イタリアへ。
そして、イタリア関係の仕事につきたく、転職。
いま、9年目。

来春、ほぼ10年ぶりに、イタリアへ行く予定です。
ずっと恋したままのイタリア。
考えただけでも、涙が出そう。
今でも、BS番組でフィレンツェを見るだけでも泣けてくる位。
なぜ、そんなに好きなのかわかりません。

今度は、一人ではなく、パートナーと一緒です。
イタリアでの楽しい、美しい、美味しい、を分かち合える。
なんだか、信じられません。

ディズニーシーで私の原点の風景をもう一度見て
やっぱり変わらない気持ちになったのも、うれしかった。

それにしても・・・

やっぱり、ディズニーってすごい。
なんだかわからないけど、魔法にかかる。
もしかしたら、イタリア好きの魔法も、ディズニーのせい。。。

でも、いい魔法は、一生かかったままでいたいですね。

c0032863_15511439.jpg
c0032863_15513248.jpg
c0032863_15514510.jpg

[PR]
by SOLEO1 | 2013-12-15 15:55 | イタリア好き*ITALIA
c0032863_11361743.jpg

雄山山頂の脇から、大汝山方面へ。
時折ガスが晴れて、素晴らしい景色が見えます。
人ひとり分位の通り道…というのか
岩の道を行き、目を上げると真っ青な空に、また切り立つ頂が。
c0032863_11361989.jpg

大汝山山頂、3000メートル。

その後、朝ごはんも早かったので
早めにお弁当を食べることに。
c0032863_11362161.jpg

フリースを着ないと寒くて
手もかじかむくらいだったけど
こんな景色を見ながら食べるお弁当は最高。

そして向かうは次の頂、富士の折立。
行く道はガレ場で足元もグラグラ。
最後、クライミングのようにガケを伝って、山頂到着。
c0032863_1136239.jpg


そして、帰路につきます。
昨日行った黒部ダムを見降ろす、
素晴らしい眺めの場所があり
少し休憩して雄大な景色に見惚れ
c0032863_1136274.jpg

雄山山頂を裏側から拝み
c0032863_11362513.jpg

あとは写真を撮る余裕もなく
緊張しながら崖を下るのみ。
行きとはまた別の大変さが。

途中、滑落して動けない男性がいて
相方がケガの応急処置等に加わり
救助隊の方が来られるまで、しばらくその場にいました。
今回初めてそういう事態に遭遇し
そういう時にどうすれば良いか何も知らず、出来ず、
邪魔にならないようにしているだけの自分であったのが情けなく…
山だけでなく、ここ最近増えてきた自然災害でも同じこと。
自分には関係ない、ではない。
勉強になりました。

救助隊の方々が来られ、私達も下山。
普通は一人で滑落しないように
手も使ってソロソロと降りる。
それを、ケガをした成人男性を背負い
とてつもないスピードで下りて行く。
2人組で一人は担いでいる方の腰に
ロープをつけて後ろから支えている
とはいうものの、信じられない力。
改めて、というか初めて
山岳救助隊の凄さを知りました。


なだらかな道に戻り、秋の立山をじっくり眺めながら山荘へ。
c0032863_11362899.jpg

c0032863_11362920.jpg

c0032863_1136315.jpg

c0032863_1136327.jpg

途中のハプニングもあって、お風呂に入る時間もなく…
大急ぎで着替えだけ済ませ、バス乗り場へ。
帰りのバスは濃霧の中、行きに綺麗な紅葉を楽しめたのは本当にラッキーでした。

バス、ロープウェイ、富山電鉄を乗り継ぎ、やっとサンダーバード。
金沢回りで帰ったので、最後はご当地モノでシメ。
c0032863_1136344.jpg


思い切り体も、五感も使った二日間。
お化粧なんかどうでもよくなる時間。
普段の生活ではなかなか味わえない。
でも、日焼け止めは絶対必要。


日本の秋、素晴らしいです。
存分に味わえて、幸せでした。
[PR]
by SOLEO1 | 2013-10-20 10:29 | 空食にっぽん*Japan
c0032863_18253496.jpg

午前5時半過ぎ。
朝日は見上げる雄山山頂の裏側から。
でも、段々と明けていく空の色が
これから一日が始まる!とわくわくさせます。
c0032863_18253711.jpg

c0032863_18253819.jpg

山荘に戻って、しっかり朝食。
準備万端、見上げる雄山は青空の中。
c0032863_18254193.jpg

c0032863_18254237.jpg

久々の登山、スタミナ切れにならないように少しずつ、休憩しながら整備された歩道を行く。
一の越山荘まで来るとガスってきて
さっきまでの青空は一瞬でグレーに…
そこからは、必死で岩と格闘しながら一気に山頂へ向かいます。
c0032863_18254440.jpg

c0032863_1825466.jpg

c0032863_10273964.jpg

c0032863_18255098.jpg

c0032863_18255299.jpg

青ではなくグレーの、霞む中での雄山神社は、また違った雰囲気でした。
一歩一歩、目の前の岩を掴みながら
でもたまには行く道を確かめながら
進めば開けたところに辿り着く。

急いだらバテるし、ショートカットしたらもっと難関に逢う。
開けたら、また次が見える。

いかにも、なことだけど、
いかにも、なのに、
そうだった、と思う。


ここから、稜線沿いに大汝山、富士の折立へと向かいます。
[PR]
by SOLEO1 | 2013-10-17 17:57 | 空食にっぽん*Japan
c0032863_19204998.jpg

心配していた雨もなんとか持ちこたえ
晴天ではなくても、綺麗に色づいた山は十分見応えあり。
曇り空にまったり、どっしりした雰囲気を感じます。
c0032863_19205127.jpg

c0032863_1920523.jpg

c0032863_192053100.jpg

c0032863_19205594.jpg

ミドリガ池に、ミクリガ池。
風もなく穏やかなので、水面にとても綺麗に山が映り込みます。
c0032863_19205672.jpg

c0032863_19205814.jpg

硫黄の臭いがそこらじゅうに漂う、地獄谷。
綺麗な山々と、蒸気をあげる谷。
不思議な、霊山といわれる空気を感じました。

c0032863_1921011.jpg

c0032863_1921378.jpg

飲んでみると冷た過ぎてびっくりする程の、湧き水。
高地にいるんだなあ、としみじみ。

明日は晴れるといいな、と願いつつ
18時には夕食。
炊きたてのごはんが美味しい!

お風呂も綺麗で、明るければ窓の外の山々を眺めながらお湯に浸かれるそう。

明日の登山に備えて、9時過ぎには就寝。

寝る前に夜空を見上げてみると
雲が晴れて、空いっぱいの星!
私は見れなかったけど、流星も見えたそう。

散歩の時も、夜空を眺める時も
シンとした、機会音のない世界。
その音のない空間が、目に見えるものをもっと美しく映している気がしました。

新月の夜、でした。
[PR]
by SOLEO1 | 2013-10-10 18:48 | 空食にっぽん*Japan

紅葉の立山〜黒部ダム〜

久々の遠出。
今回は立山、雄山登山を目的に、
サンダーバードで富山へ。
単線の富山電鉄で立山駅までガタゴト揺られ、ケーブルカーで美女平まで。
c0032863_1835276.jpg

そこからは室堂までバスで50分程。
その間の紅葉が、驚くほど綺麗。
平地とは世界がガラリと変わります。

室堂に予定より早く着いたので、黒部ダムに行ってみることに。
…その前に、腹ごしらえ。
ターミナルにて立ち食いそば。
なかなか美味しかった。
c0032863_18323930.jpg


なかなか乗ることのないトロリーバス、ロープウェイを乗り継いで、黒部平へ。
c0032863_183549.jpg

そこから少し歩けば黒部ダム。
テレビや雑誌で名前は知っていたものの
どんなものなのかあまり知らないまま
下を見下ろしてみると。
c0032863_1835571.jpg

思わず、うわっ‼と叫んでしまった。
景色に驚くなんて、近年なかったこと。
その迫力、さすがというしかない…
c0032863_1835724.jpg

c0032863_1835837.jpg

きっと写真では伝わらないだろうな…
来てよかった!と心底満足出来る場所。
c0032863_18351076.jpg

c0032863_18351131.jpg


帰りのロープウェイ乗り場で、地酒の濁り酒を試飲して。
窓から見える最高の、秋真っ盛りの景色を堪能しました。
c0032863_18351398.jpg

c0032863_18351565.jpg

c0032863_18351768.jpg


人が沢山な所は苦手だけど、
これは仕方が無いなと思う。

この季節しか見られない、秋の色。

ここまで壮大な秋色を見たのは初めて。

日本の秋は、素晴らしい。

名残りを惜しみながら室堂に戻り
宿の室堂山荘へ。
向かいながら歩く景色にワクワクするほど
ここも綺麗に色づいていて。

荷物を置いてぐるっと室堂散策をすることにしました。
[PR]
by SOLEO1 | 2013-10-07 18:08 | 空食にっぽん*Japan
c0032863_152021.jpg


やっと会えた、赤かぼちゃ。
前から気になっていた、直島。
「瀬戸内国際芸術祭2013」というイベントに乗っかり、行ってきました。

c0032863_1520479.jpg

c0032863_1520581.jpg


新幹線、在来線、フェリーを乗り継ぎ…
新神戸〜岡山まで30分程度のはずが
不慣れな新幹線のため広島まで行ってしまうというハプニングもありつつ
直島入り。
そこから、バスや徒歩で屋外アートや美術館を巡る。

c0032863_1520792.jpg

c0032863_1520855.jpg

c0032863_1520933.jpg


直島温泉 「 I love 湯」
外観も面白いけど、中もかなり変わってるみたい。

c0032863_15201167.jpg

c0032863_15201214.jpg

c0032863_15201364.jpg


空の色、季節、時間で色んな顔になるんだろうな…
と、何度も来たくなる、シンプルで不思議な風景。

c0032863_15201562.jpg

c0032863_15201683.jpg


夏は海水浴もありかな!

c0032863_15201849.jpg


そして、ザ・直島 黄かぼちゃ。
意外に小さかったけど、ぽつんと置かれている様が、可愛らしい。

c0032863_220338.jpg


その時の空の背景で、雰囲気や色味が違って見えるのがいいなぁ。
曇り空のベージュだと、コントラストは無いけど、その分ふんわり見える。
でも是非とも、真っ青のキャンバスで見てみたい!

c0032863_15201926.jpg

c0032863_15202142.jpg


春、この季節に来れて良かった。
水仙が綺麗に咲いていて、二種類も。

c0032863_15202231.jpg


今度来れたら、晴れますように。
私も石を乗せてきた。

安藤忠雄の地中美術館や、屋外アート。
直島、なかなか楽しい。
せっかくパスポート買ったし、
他の島も色々見に行けるといいな☆
[PR]
by SOLEO1 | 2013-03-23 14:41 | 空食にっぽん*Japan
c0032863_12401435.jpg

雪がちらちら舞う中、
ウワサのエクシブ有馬離宮へ。

c0032863_12401584.jpg

c0032863_12401768.jpg

まあ、なんとゴージャスな!
部屋に背中合わせにテレビが二台も。

そしてお風呂にも。
c0032863_12401886.jpg

c0032863_12402075.jpg

お風呂がキレイって最高。
館内だけど、スパまではなかなかの距離だったので
夜はテレビを見ながら部屋のお風呂。
ジャグジーもあり、なんと贅沢な。

スパには山々を見渡せる露天風呂があり
小雪がちらちらする中の露天風呂は最高に緩む瞬間!

お風呂の後、食事の前に、部屋でマッサージ。
ハーフマラソンで疲れ切った、
そしてマラソンで疲労骨折し、
かばい歩きでバキバキの体を
十分にほぐして頂きました!

年に一度の贅沢☆
せっかくだし…が出てしまう。

c0032863_12402181.jpg

食事はブッフェにしたけど、大満足☆
エクシブなのに、1050円で飲み放題ありって!


エクシブ有馬離宮
駅からバスがなく、歩きでは結構大変なので
タクシーを使わなければいけないのが残念だけど。
やっぱり、ゴーカな空間でした。

c0032863_12402326.jpg

[PR]
by SOLEO1 | 2013-02-17 12:22 | 空食にっぽん*Japan
最近寒くて・・・あったかい場所が恋しい。
ゆる~い気分になれる場所。

c0032863_12174211.jpg

<ウブドのカフェにて>

一回の呼吸がゆっくりになる。

c0032863_12182857.jpg

c0032863_12185217.jpg


飾らなくても、頑張らなくても、そのままでいいよって言ってくれてるような空気
目が合えば笑顔で会釈するのが普通な空気

バリ島で感じた「足るを知る」

すっかりどこかに忘れ去っていたけど、写真を見ていると思い出す。
もう、2年前かあ。

イタリアとバリ。
場所は全然違うけれど、「同じ空気」をイタリアの田舎とバリに感じた。

自然と一緒に、昔からの空気をそのまま残す場所には、同じ何か、がある。
その何か、が私の惹かれるもの。

それは、世界中どこも同じだろうなと思う。

たまにはそういう所に行って、忘れてた一番大切なものを思い出すのも必要かな。

c0032863_1226361.jpg

[PR]
by SOLEO1 | 2012-01-28 12:29 | 空食バリ*Bali