「ほっ」と。キャンペーン

イタリアに魅せられて・・・  そして。 


by SOLEO
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
c0032863_14241799.jpg

バスチケットを買って、とりあえずバスに乗ってみる。
c0032863_14345439.jpg

ダンナさん、初めてのガチャン。
c0032863_14245419.jpg

で、バスに乗ったものの、すぐに降りたくなる景色に到着。
イタリア国旗がはためいてる!
c0032863_14251569.jpg

c0032863_14253384.jpg

しばらく、うっとり眺めていました。
イタリアに、来たなぁと。
壮大な広場に、白さに、圧倒されました。

そこから歩いてコロッセオへ。
歩きながら、あのテレビでよく見る円形の建物が見えてくる。
なんだか不思議な感覚。

c0032863_14285542.jpg

c0032863_14291279.jpg

以前一人旅で夕暮れに見たコロッセオは
なんかおどろおどろしくて、怖い感じでした。
でも、今回は青空を背景に、すがすがしさを感じました。
印象を描きかえることができて良かった!

c0032863_14292936.jpg

c0032863_14295329.jpg

c0032863_14305225.jpg

そこからフォロ・ロマーノに入り、都会の真ん中に古代の空気を
感じることができる場所があることに驚きました。
広すぎて、閉門ギリギリになってしまい、追い出されるように門を出ました。

c0032863_14311369.jpg

帰る途中の遺跡にいた猫。
何かの番組で、猫が遺跡にたくさん棲み付いてると言ってたなぁ。
でも、ちゃんとお世話している人もいるらしい。
イタリアと、猫。いいねぇ。

c0032863_1431271.jpg

マクドナルドも、イタリアではこうなるのか・・・
でも、あることにビックリだけど。
あまり、あってほしくないと思うのは私だけかな?

c0032863_1432258.jpg

最後、ホテルの最寄り駅までメトロに乗ることに。

バスにメトロに、都会の午後のお散歩となりました。
そういえばこの日、お昼何食べたんだっけ・・・???
写真が残ってない!

プーリアで胃袋酷使したから、飛ばしたんだったかなー。
[PR]
by SOLEO1 | 2016-08-02 18:11 | ローマ*Roma
ブリンディシ空港。
着いた時はGiuliaさんを探すことしか頭になかったので
空港内を散策することなく、すぐ出てしまって。

その3日間お世話になったGiuliaさんともお別れし、
出発までゆっくり空港内で過ごすことに。

といっても、ものすごくこじんまりした空港なので
そんなに歩くところはないけれども。
でも、なぜかウキウキする空港でした。
建て替えたのかな?なんだか新しくて、お洒落。
古き良き、というより、今風のシンプルでお洒落な感じ。

c0032863_10143862.jpg
スキンヘッドが格好良く見えるのはなぜだろう。

c0032863_10145332.jpg

c0032863_1015745.jpg

なんていうのかなぁ・・・
やっぱり、間接照明で明るすぎない。
外の光が柔らかく入ってきてる。
明るい方がいいやん、じゃないのがいいなぁと思う。

c0032863_10152674.jpg
このお母さんすてき~。
今見返すと、自分がこういう恰好するかというと、・・・。

c0032863_10154715.jpg
ショーケースもきれい。

c0032863_1016491.jpg

このおじいちゃんも、なんかかわいい。
メガネのフレームが赤なのに、違和感がない。
なんなんだろうねほんとにね。

そして、壁の色使いが好き。

c0032863_10162163.jpg

そして、一番びっくりしたのがこれ。
ワンちゃんがいるんですけど。
明らかに警察犬じゃないし。
空港ってわんこ入ってきていいんだっけ?
c0032863_10163690.jpg

すごくお利口さん。
まぁ、ここ到着ロビーだし、家族だからいいのかな。

そして、これまた椅子の色がいいんだな。
ちゃんと見ると、模様付いてる。
この空港好きだわー。

コーヒーのんだりして、行き交う人々を眺めて。
満ち足りた気持ちで(まるで旅が終わったようだけど・・・)
ほのぼのした時間を過ごせました。

思い出盛りだくさんだけど、忙しいと感じなかったプーリア。
空気がゆったりしてるのかな。
いつかまた、絶対に来たい。
もともと憧れていた地だったけど、やっぱり素晴らしい。
もっともっと時間がほしいなぁ。

さて、このゆったりまったりとはお別れで。
都会、ローマへ戻ります。

c0032863_10165318.jpg

[PR]
by SOLEO1 | 2015-11-24 15:03 | プーリア*Puglia
c0032863_9374082.jpg

まだまだ名残惜しいマテーラを後に、帰路につく途中、アルベロベッロに立ち寄りました。
もう日も落ちかかっていましたが、逆に人もまばらで静かに回れました。
c0032863_14285161.jpg
c0032863_1429448.jpg

お土産屋さんの女の子かな?
恥ずかしそうに隠れながらこっちを見ていました。
c0032863_14292389.jpg
c0032863_1429409.jpg
c0032863_14295346.jpg
c0032863_1430567.jpg
c0032863_14301720.jpg


夕暮れっていいな。
空も綺麗だし、陰っていくもののシルエットも綺麗。
昔に行ったアッシジでも、「おとぎの国」だと思ったのは夕暮れだったな。

足早にまわって広場に戻ると、もう暗くなっていて
本日最後の、そして楽しみなイベントを残すのみ。

前日にお店に行って予約した、お魚料理のお店でのディナーへ。
[PR]
by SOLEO1 | 2015-08-29 15:01 | アルベロベッロ*Alberobello
c0032863_9111724.jpg


c0032863_9114340.jpg




c0032863_854185.jpg


c0032863_854225.jpg


c0032863_8544655.jpg


何もないけど、ある。

白い街を見たくて目指したプーリア。

でも、この景色を見ていたら、
本当に見たかったのはこれだったのかな、と思いました。

何かがあるから、面白いんじゃなくて
何もなくても満たされるのってすごい。

いや、ないんじゃなくて、あふれるほどある。

プーリアのこの、広くて大きくてあたたかな景色。
また見に行きたいな。
[PR]
by SOLEO1 | 2015-08-27 09:13 | プーリア*Puglia
c0032863_1652860.jpg

迷路を出て、ぐるっとまわる。
たくさんの黄色い花と、青い空と、白い壁。
目線の先に、見覚えのある一角が見えた。
c0032863_1654426.jpg

c0032863_166278.jpg

もうすぐ!
c0032863_1671512.jpg

見つけた!!
見上げるその場所へ、向かってみる。
c0032863_1613332.jpg


・・・ここだー・・・。

こういうこと、なのです。

c0032863_16183477.jpg


イタリアの国旗はなかったけど。
オリーブの木は茂っていなかったけど。
かわりに地面を緑が覆っていて。
同じ青い空と、白い壁でした。

絵葉書の場所にいる。

おにいさんが洗濯ものを干しに家から出てきて
にっこり挨拶してくれて。
上を見上げたらおばあさんがテラスでこれまた
洗濯ものを干していて、「Ciao!」と。

変だけど、なんとも言えない気持ちで泣きそうになりました。

想像以上の、本当に素敵なところでした。


興奮が治まってきて、とってもおなかがすいてきて。
これも念願の、オストゥーニでランチ。
どこがいいか、勘に頼る!
[PR]
by SOLEO1 | 2014-07-09 18:35 | オストゥーニ*Ostuni
c0032863_14484468.jpg

お花の咲いている裏道を少し行くと
急に風が強くなり、海の空気。
c0032863_1449046.jpg

走って行きたくなるほど、目の前がブルー!
c0032863_14491170.jpg

そして久しぶりに見た、"エメラルドグリーン"
どうしてこんなにきれいな色ができるんだろう。
c0032863_1451475.jpg

見る場所によって、濃紺とスカイブルー、エメラルドグリーン
色んな色が見え隠れする。

反対側をみれば、湾になっているのでとっても穏やか。
きっと、暑くなったら人がいっぱいになるのかな。
c0032863_14492721.jpg

c0032863_1452538.jpg


c0032863_1452173.jpg

そよ風とは違う、力強い海の風。
今でも押されるその感じが思い出されます。

海岸をドライブしたい、と普通にちらっと見るだけかと思っていたら
どっぷり南イタリアの青い世界に浸かることができて
まだ目的地に着いていないのに、大満足。
でも、ちょっとGiuliaさんを待たせすぎたかな?
白い街へ、戻ります。
c0032863_14531367.jpg

[PR]
by SOLEO1 | 2014-06-17 18:46 | プーリア*Puglia
c0032863_1552193.jpg

c0032863_15524371.jpg

今日はローマからプーリアへ。
国内線だからそんなに急がなくてもいいけど
空港で朝ごはんをゆっくり食べたいので早起き。
c0032863_15525538.jpg

昨晩とは打って変わって、ガラガラのバス。
空港まですぐでした。
c0032863_1553919.jpg


実は日本でうまくアリタリアのウェブチェックインができず、
途中で画面がフリーズしたのでチェックインできてないかと思ったら
一人分だけ、プーリアまでできてしまっていて・・・
ローマ空港でもう一人の手続きをしたけど、やはり席は離れてしまいました。
満席なので席がかえられないとのこと。
しょうがないですねー。

c0032863_1553254.jpg

c0032863_15533852.jpg

荷物を預けて、さて、朝ごはん!
私はカプチーノとマフィン!と決めていました。
久々のカプチーノのオーダー。
一人旅とは違って、due cappuccini per favore!
と言いたかったのに、だんなはんはコーヒーが苦手。
せっかくイタリアに来たのになぁ~。
ずっと、 un caffe か un cappuccino でした。残念。
でも、やっぱりバゲットサンドやサンドイッチのデカさに驚いていました。
そして、パンの硬さにも・・・。
私も、思う。

ごはんを食べながら、イタリア語と食器のカチャカチャいう音。
飾らないお洒落な人やインテリアを見ながら、
ほんとにイタリアに来たんだなぁ~と、しみじみ。

朝ごはんを終えて、2階の搭乗口へ向かってみると
これまた、なんだかお洒落な空間。
おみやげも、カッコよくディスプレイされてて、なんかワクワク。
c0032863_15535698.jpg

このパスタ、南ではおなじみなんですね!
うれしくなりました。
c0032863_1554134.jpg

ストレガもある!

そして、搭乗口手前にいい感じのバール。
で、いい感じにイタリアっぽい男性が。
絵になりますねー。
c0032863_1554262.jpg


プーリアへは、小さい飛行機で。
私達以外は全員イタリア人、そして、満員。
c0032863_15543950.jpg

c0032863_15545810.jpg

あいにく3名席の真ん中でしたが、少しの我慢。
短いフライトでしたが飲み物とおつまみをくれました。
Biscotti(クッキー)かSalati(塩味おつまみ)のチョイス。
これ、どっちも美味しかったです!

1時間ちょっとでプーリア、ブリンディシ空港着。
やっと、やっと、念願のプーリアに。
[PR]
by SOLEO1 | 2014-05-29 07:44 | ローマ*Roma
c0032863_9293572.jpg

c0032863_9295195.jpg


関空のにおいですよ。
そして、ヨーロッパ系チケットカウンターですよ。

このわくわく感、いつぶりだろう?

c0032863_16223826.jpg


アリタリアですよ!

アリタリアはサービスが最低、とか、色々色々聞いてました。
今回、初めて乗りましたが、良かったです。

だって、私にとっては何があっても
「イタリア」ですもん。

c0032863_930798.jpg

色んな所に、緑、白、赤。

幸せ。


c0032863_16272434.jpg


そして、見えてきた緑の大地。

約10年ぶりの、イタリアです。
ちょっと、感激で胸が詰まりました。
[PR]
by SOLEO1 | 2014-05-23 18:42 | On the sky

2014 空食初め

c0032863_18112311.jpg

c0032863_18112553.jpg

2014年
あけましておめでとうございます。

今年は少しだけどお節を作り
元旦から京都の愛宕山へ詣り
奈良の実家でお節を食べ
明神平へ初雪山登山。

お節を食べ、空を見上げ、の繰り返し
健康的な新年の幕開けとなりました。

c0032863_18112742.jpg

c0032863_18112882.jpg

c0032863_18113011.jpg

c0032863_1811327.jpg


奈良の東吉野村、明神平。
アイゼンを装着して、雪道を行きます。
普通の登山とは違うけれど、
何がいいって…
なんといっても虫がいない!
そして、寒いようで、行動中はすごく暑い。
うまく脱ぎ着すれば、快適かも。

そして何より、景色が素晴らしいんです。
息を飲む、というか
ただただ、見惚れる。

c0032863_1811351.jpg

c0032863_18113768.jpg

c0032863_18114575.jpg

c0032863_18114072.jpg

c0032863_18114277.jpg


シン とした空気の中、
キラキラの雪と、真っ青な空。

こういう絶好のお天気は、神様からのプレゼントですね。

明神平について、お昼のカップラーメンの美味しいこと!
雪山には、お湯、なんですね。
冷たいものを飲んだら、凍えそう。

帰りはワカンを借りて、
フカフカの雪を踏んで歩いたり
ショートカットで尻滑りしたり。
久々の感覚で楽しかった…!
あまりやると、生地が悪くなるそうで
尻滑り用グッズもあるそうな。

下山して温泉へ。
身体中が痛くなったけど心地良い痛さ。

初 雪山登山。
しんどいけど、夏山とはまた違う
自然の凄さに感動しました。

c0032863_18114359.jpg

下山してから、大宇陀温泉あきのの湯へ
そこであったまってから食べた、
親子丼のこれまた美味しいこと!
なんか有名みたいです。

2014年、楽しく健康に、毎日を大切に
過ごしていきたいと思います。
[PR]
by SOLEO1 | 2014-01-06 17:41 | 空食にっぽん*Japan

土と水と、大事なこと。

c0032863_21171189.jpg

c0032863_21171368.jpg

銀閣寺登山口から約30分。
最後の階段を頑張ると、景色が開けた。
大文字山、火床が遺跡のよう。
雨の次の日、涼しい風が心地よく。
しばらく風に吹かれて深呼吸。

あっという間に終わった山登りなので
来た道を戻らずに、蹴上に降りるコースにしてみた。
c0032863_21171580.jpg

c0032863_21171753.jpg

c0032863_21172041.jpg

c0032863_2117222.jpg

c0032863_21172456.jpg

こんな道を歩きたかった!
足元はぬかるんでいたけど、
木の緑、シダの黄緑、潤んだ空気と
山のにおいが本当に気持ちいい。
c0032863_21173393.jpg

c0032863_21173567.jpg

c0032863_2117376.jpg


山歩きをしてる途中
「こんにちは」
この一言のもつ ちから を感じる。

土を踏みしめながら思ったこと。
挨拶ができたら、それでいいんだ。

おはよう
こんにちは
ありがとう
おつかれさま
おやすみ

いろんな挨拶、ひとことがあるけど
心からちゃんと言えれば、
心からじゃなくても?
まず口に出してみたら。
みんな気持ちよく過ごせる一歩になる。
まずは言わなきゃね。

土があって、水があって、緑が育つ。
その中にいると「はじめ」に気づく。

よく、土を触るといい、ってきく。
そういうことなのかな。
[PR]
by SOLEO1 | 2013-06-25 19:55 | 空食にっぽん*Japan